バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

学園ヘヴン おかわりっ!

2009年09月27日
↑学園ヘヴン 0
PS2「学園ヘヴン おかわりっ!」2005年
090926ok.jpg
やっぱり王啓で

 冬コミケの準備で、心のウォーミングアップ。王啓の気分にならないとね(^。^)ノ

 「学園ヘヴン おかわりっ!」は前作から2年後の発売。内容は学園ヘブンの続編。続編といってもボリューム的には半分くらいの印象かな。前作から2~3ヶ月後のおまけのショートエピソード。エンディングは2つありますが、選択肢は多くないので迷う事なく結末までイッキ読み。共通イベントまではカップリングは無関係で、その後の「誰に相談する?」で相手を選んだ後は前作でその人とラブラブになっている前提で話が進む。
 実は私、このゲーム、丹羽ルートしかやっていません(^_^;)

 前作と続けて聞くとわかるけど、丹羽は声が大人になったなあ。印象は同じなんでキャラが変わった感じはないんですが、声が低くなってすごく男っぽくなった。これはBLCD学園ヘヴンの最初と最後のやつでもわかります。最初に丹羽ボイスを入れたとき、小西さんは30歳くらいのはず。30前後ってちょうど声が変わる時期なんでしょうね。ほら、男優は30歳からって言うじゃないですか。
 でも他の声優さんも微妙に声が変化してます。2作続けて聞くとわかります。

 丹羽ルートの感想。

丹羽ルートの感想。

 丹羽ルートは相変わらず健全です。(BLCDではあんなにえっちなのに……)ベストエンディングまで行かないと、実はそういう仲だなんてわかりません。
 前作ではボイラー室監禁事件に巻き込まれた啓太。今回も監禁事件ですが、やっぱり今回もスーパーヒーロー王様が助けに来る。かっこいいわあ。だから言ったでしょ。助けてって言わなくても、王様の方から助けにやってくるんだって。思わず泣いちゃう啓太。やっぱり泣きイベントは丹羽ルートの要です。
 ただ前作と違うのは、今度は啓太も丹羽に強力して犯人捜索しようとするところ。守られているだけじゃだめだ、という男のメンツはあるのね。でも実際にはあまり役立っているとは…。ここは啓太の男のメンツというより、王様は言わなきゃわかんない人なので、啓太は言いたいことやりたいこと何でも言っていいということだ。

 私は前に、丹羽ルートの啓太は従順でかわいいと言ったけれど、これは「おかわり」でも同じだろうかと、そこがちょっと気になるところでした。お話的に「守られてるだけじゃだめだ」「王様だって無敵じゃない」わけで、そのへんは変わったのだろうか。
 シナリオは啓太をちょっと補強しているような感じがするんだけど、途中であれ?と思ったのは啓太の声だった。
 プロローグと共通ルートまでの啓太はわりと普通の男の子声なんだけど、丹羽ルートに入るとなんだか啓太がかわいらしい声に聞こえるのは、丹羽の声が男らしいせいでしょうか? いや、やっぱり丹羽ルートの啓太は、背景にお花背負っているかわいい男の子に演じられていると思います。特に監禁事件のあと、泣きイベントのところ。それから最後のぶっ倒れている丹羽とのラブシーン。丹羽というキャラのバランスでそうなるんだと思います。あるいは丹羽の声が男らしいので、そう聞こえるのかな。

 気になるエピソード。
・丹羽の入学条件は学力だった。やぱりスポーツマンよりも秀才君の方が優遇されているんだな。とすると柔道同好会の3人の入学条件はなんだろう? もしかしてあれも柔道じゃなくて学力? だって柔道が入学条件だったら、公式戦に出さないのはおかしい。ほんとは3人ともとっても秀才で、柔道は趣味なのに違いない。
・啓太の部屋は2F。丹羽がその気になればよじ登れる。
・監禁事件の晩は、啓太は丹羽の部屋に泊まった。寮室ってベッド1つしかないと思うけど……。普段はどっちがどっちの部屋に行ってるんだろうか?などといろいろ考えてしまった腐女子思考。
・課題なんか一回くらい出さなくても平気…とかいう丹羽の言い分は、課題なんかみてやるつもりはなくてただのナンパか。
・丹羽の父上は警視庁公安におつとめ。やっぱBL学園は東京都にあるのかな?
・丹羽父が啓太にうちに遊びに来いなどと声かけしていたのは?(1)息子と趣味が同じで、かわいい男の子が好き。(2)息子の嫁だから。(3)実は啓太には柔道の才能があるのを見抜いた。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません