バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

「弁天娘女男白波」

2008年07月28日
歌舞伎・演劇・ライブ 0
松竹大歌舞伎 巡業東コース
「操り三番叟」
「弁天娘女男白波」

 今日もまた見にいってきましたよ。
 歌舞伎の舞台は生ものなので同じ演目を何度見ても面白いし、上演期間の始めと終わりでだんだん変わっていくもの。
 前に見たときの亀治郎@菊之助より、なんかさらにぐっとキュートで艶っぽくなっていた。それに声やセリフがさらに安定して、聞いてて惚れ惚れした。いっそう菊之助がかわいく見えた。それからなんか舞台上の細かい演出もいろいろ変わった? 肌脱ぎの露出は激しくなってない?(^_^;) 亀治郎が肌脱ぎになったとき、体型が弁天小僧役そのものでなんか萌えました。キセルをふかすのもなにげにエロかったな。
 でも一番萌えるのは、浜松屋から引き返す場面だな。昔はこの場面は意味がわからなくて、泥棒仲間トークくらいにしか思ってなかったんだけど、この場面を長々とやる意味はこういうさりげない会話のやりとりから、弁天と南郷の間柄がわかるところなんだね。菊之助が南郷の肩をつんつんするところが、なんかかわいくて、今日も私は萌えてしまいました。で、しかも今日の席は花道近くで、新内謡いながら接近してくる亀様を近くでみちゃった
 そして勢揃いの場面の菊之助は、名乗りも一番元気があって、亀治郎@菊之助は声が通ってほんとにかっこよかったなあ。
 というわけで、弁天小僧の設定上のいかがわしさ、あだっぽさ、艶っぽさが、そこかしこに垣間見える亀治郎@菊之助だったので、今日はすごく満足でした。

 私が初めてTVで見た歌舞伎の舞台中継が現菊五郎の菊之助時代の弁天小僧でした。私は小学生でした。美しいお嬢様が実は男でしかも泥棒、という設定に子供心に萌えるものがあったと思います。私の腐女子方面への目覚めはこんなところから始まったのかもしれません。
 稚児上がりの美少年が女装してゆすりたかり。こんな舞台を考えたのは江戸末期の河竹黙阿弥である。三人吉三もこの作者だっけ。なんかやっぱ、BLとかやおいとか腐女子って、日本の伝統なんだという気がするわ。歌舞伎も腐女子の本懐なのである。 

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません