バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

TVアニメ「後宮の烏」の感想

2023年01月07日
アニメ・特撮・邦画 0
TVアニメ「後宮の烏」2022年10月放送

1行感想。女の子の顔がかわいくて良き。

 正直なこというと、この歳になるとたいていのアニメはなんかどっか見たことがあるような気がして、たいして興味を引かれない。それでひいき声優の出演予定から第一話を留守録かけて見てみるけど、私みたいえり好みするオバサンは客じゃないな(^_^;)って1話切り。いくらひいき声優でもたいてい3話で終わる…
 この後宮のなんとかというアニメも、きっと女性向けゲームのような薄いお話…… と思いきや、絵があまり動かないわりには、世界観やその流れの続きにひっぱられる。
 なんといっても、ヒロインなどの若い女の子の絵がかわいい。瞳や化粧を強調した顔が、女子の「私はかわいい」的な表現でとっても共感する。原作は少女漫画なのか?と思ったら、どうも小説原作らしい。へ〜そうなんだ。
 ただ、男キャラは、見た目がイマイチだ。底の浅いイケメン表現で、そこはイマイチ。女子キャラに比べると、絵描きの熱量に欠ける気がしてならないが、でも若い視聴者さん読者さんにはあれくらいでいちょうどいのかな。私にはわからない。
 皇帝や若い武官にヒゲをつけろとは言わないけど、もうちょっと見てわかる顔に描きようはあるんじゃないの?(私は中の人で判別しています)
 おばさんキャラはもうちょっと太ってないと古典ぽく見えないけど、まあそれも若い読者にはちょうどいい加減なのかな。

 放送が終わったら、感想を追記します。
 ちなみにこの作品における最初の視聴動機は八代拓。


最終話まで見た感想(20230107記)
 いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに……みたいな、なんちゃって中華宮廷ものと思って見始めたのだけど、この世界独特のことわりと成り立ちをかいま見た……ところで物語は終わる。
 宮廷生活の中の怪異事件を追いかけるところから始まって、キャラクターそれぞれの事情、そして主人公すら知らない自分の謎。話の流れが速いのは面白かったが、ファンタジー世界の設定部分はちょっと盛りすぎかな、というのが私の感想。そこまで話を広げてしまうと、皇帝陛下やその周辺の男どもの手に負えなくなってしまうんじゃないか。
 さて、アニメ放送分で話がずべて終わったわけではないので、ひょっとして第2シーズンもあっるのかしら。ものすごく好みのお話というほどでもないかもしれないけど、続きがあるならぜひ見たい。どういう結末を考えているのか気になる。

 印象に残ったキャラ。杉田智和の老け役。一言聞いただけでわかるくらい好きな声優さんなのに、最初誰かわからなかったのは内緒だぞ(^_^;)


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません