バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

北斗談義 いったい誰のせいなのか?

2021年05月19日
↑北斗の拳/北斗無双 0
年寄の昔話なので長くなりますよ(^_^;)

死兆星が落ちてくる
 そうそうそう。このへんからアニメも毎週見てた気がする。レイが(レイファンが)死ぬ死ぬ死ぬと毎週大騒ぎするのもこのあたり。
 ラオウは、ようやく登場して、悪で謎の最強拳法使い。
 私は実は、原作を先に読んだのか、アニメを先に見たのか、あまり覚えてない。当時好きなわけではなかったような気がする。アニメについては、原作とは何かいろいろ違う気がして、きっちり分けて考えていたのは間違いない。
 いずれにしても、アニメも原作も通しでちゃんと見たのは、何年も後になってからだ。連載や放送は、部分的にあちこち見てるけど、何か他の連載が目的でジャンプを買っていたのであって、北斗はついでに読んでいたのかな。いろいろとついていけないものがあったのは事実だ。

変話
 読んでて「あれ?」というお話なんですよ、北斗って。
 まずはシン。
 どんな悪人とはいえ死んだ奴の墓くらいは作ってやるのは、まあ日本人のメンタリティとか宗教的信条としてはあり。そういう意味でケンシロウは日本人なんだと思う。ただ、「同じ女を愛した云々」おまえ、それは違うぞ。ユリアが聞いたら怒ると思う。誘拐監禁は愛じゃないわよ。私はイヤだといったわよね。私の精神的に苦痛はどうしてくれるのよ。これを見たとき、ケンシロウってユリアのこと好きというほどでもなかったのかな……と思ったです。

 レイは変話のデパートだった。
 最初に登場したときの動機は、誘拐された妹を探していた。犯人はジャギだったわけだが、ケンシロウに北斗の身内のいざこざのことなので任せてくれと言われて、引き下がる。ええ…あんなに苦労したのに? まあ、でも、ケンシロウはお友達だし、そこまで言われたらケンシロウの面子を立ててやらんでもない。
 次にレイが、マミヤのために、そして南斗の大儀のために始めた戦い・ユダ退治にいたっては、「死ぬときはおまえの腕だか胸で」とか「マミヤには何もしてない」とかいわれてしまう。
 少年ジャンプなので性暴力はNG案件で、後から否定したのはわかる、でも私はマミヤの気持ちになって、そこじゃないだろ!私の両親のこととか!何もしてないわけじゃないぞ貴様!どこで死にたいだって?とっととしね!一瞬でもユダの侍女?だった過去を恥じるわ。て読んだときは思った。
 だいぶ時間がたった今は、似合わない厚化粧はなんとかならなかったのか?て思う私は、だいぶ人間が丸くなった。連載は80年代のことだから、男でお化粧をしてる人は限られていて、いろいろと偏見も大きかったと思う。今書かれたら、ユダの外見や化粧の意味は違うものになったんだろうな。

 イチゴ味の主人公サウザーだけどさ。学齢児童に土木工事させるとか、いくら従順でも重いもの持てないし、遅いし、すごく効率悪くない?まともなもんが作れるわけないじゃない。あのピラミッド、結局壊れちゃうけど。

 南斗談義はつづきます。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません