バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

続うたいびとの感想とか

2021年05月17日
蒼井翔太 0

 もう一回映像で見て思ったこと。
 配信音源は買いました。耳で聞くうたいびとと、映像のうたいびとは何が違うのかというと、実は「うたいびと」にはMCがある箇所がある。音源だけだと、それがどこかわからない。MCの内容はともかく、曲順とインターバルには意味がある、というのは過去のライブでもわかる。
 そういう意味で、円盤は発売しなくちゃいけませんよね、キングレコードさん。

「うたいびと」の曲順とMC
Harmony
汝の言霊
(MC)————-
イノセント
spilt memories
(MC)————-

愛のささめきごと
(MC)————-
I am
flower
(MC)————-
SMILE SMILE SMILE
SPOTLIGHT
Fake of Fake
(MC)————-
君のとなりで
(MC)————-
Hungry Night

 過去のライブでも、ムービーを導入に数曲ずつの括りで構成されていた。それぞれに雰囲気とか世界観とかあって、衣装を変えながら。
 「うたいびと」ではMCを入れた箇所が多分その区切りなんだと思う。特に分かりやすいのが、「零」とか「SMILE SMILE SMILE」のブロック。歌い方が全然違う。今回の講演ではCD音源の再現というより、それぞれ独自の特色ある曲調が聞き所で、それは編曲だけじゃなく歌い方にもあるのね。
 通常のライブでは、会場のお客さんのノリ優先みたいなとこはあるから、ここまではやらないみたいな大胆な編曲と、蒼井翔太の超歌唱が聞き所ということね。これには音楽の神様も大変満足されたと思います。


 私の個人的な趣味なんかどうでもいいですが、一応書いておくと、やっぱり一番好きなのはflowerかな。(編曲込み)
 「SMILE SMILE SMILE」は元々こういう曲だったんじゃないかと思えるくらいハマっていたなあ。「零」ブロックは、これは深い領域に踏み込んだ感。
 「Hungry Night」は裏も表もない曲で、そこがいい。こういう曲、しょーたんのレパートリーにもう少し増えてもいいかな。


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません