バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

KING OF PRISM 5周年 風景は通りすぎても、季節はまためぐってくる

2021年01月15日
↑キンプリ 0
KING OF PRISM 5周年

 私は厳密には4年ちょい歴です。いうなれば、蒼井翔太ファン歴がそのままキンプリ歴でもある。

私のキンプリは「pride ルヰバージョン」から
 最初の映画「KING OF PRISM」は2016年1月公開。私が蒼井翔太沼に墜ちて、キャラソンCDを買い集め始めたのは2016年の秋ごろのこと。brideルヰバージョンという曲が、キンプリとの出会いだった。アニメ見てないのに、この1曲で強烈に興味を引かれた。なんの歌だろうと検索した。そう、私はキンプリの第1便には乗り遅れてしまったのだ(^_^;)
 次のキンプラ(2017年)は、映画館行って、CD買って、円盤買って、ゲームやって、ライブにも行った。今振り返るに、CDはアニメもゲームもわりと真剣に買い集めたので、私の中でキンプリは音楽動画みたいな認識だったのかな。
 中の人については、最初にキンプリて何?て調べたとき、知らない名前ばかりでショックを受けた(^_^;) 名前は見たことあっても、声が思い出せないのはそれは知らない声優さん、というのです。この面子の中で知ってると言えるのは、蒼井翔太、武内駿輔、畠中祐で、あとはわからないままローズパーティ2018のライブ公演に行きました。
 ええ〜〜みんないけめーん。歌も上手いし、顔もいいし、歌って踊ってかっこいい。蒼井翔太目当てで行ったけど、全員好きになって帰ってきた(^_^;) アニメ2本見ただけのキンプリ世界が好きになったみたいです。イベント開催には、こんな意味もあるんですね(^_^;)

蒼井翔太と如月ルヰのどっちが好きなのだろう
 私は基本的にアニメは中の人から入る。誰だおめーみたいな出演者だったら多分見ない。そんなでは世紀の大傑作を見逃してしまうかもしれないが、別にそれはいいです。
 キンプリについては、蒼井翔太が出演してるし歌も歌ってるから、というだけの理由で見に行ったわけだけど、結局如月ルヰというキャラにだいぶひきずられて、着せ替え人形とかグッズもちょいちょい買ってしまったり。途中で、結局私は蒼井翔太が好きなのか如月ルヰが好きなのかわからない気持ちになって、つまりなんだろうね。蒼井翔太を着せ替え人形にはできないけど、如月ルヰならいいんだ(^_^;)みたいな心理なんだろうか。中の人とキャラの好きが一致するのって、こういう気持ちなんだね。

エーデルローズの短い夏
 プライドザヒロを見たとき、ちょっと奇妙な違和感があった。キンプリって、結局何のお話なの?
 私は蒼井翔太目当てだから視点がズレてて気にもしてなかったけど、この映画1本見て、シンたちエーデルローズの7人て印象に残る?覚えられる?何しに出てきたの?って思わない? 私は思いましたよ(^_^;)
 主人公はシン?シンが入学するところから始まるよね、それでエデロの7人組が活躍する話かと思ったら、ヒロがキングになる結末だった。映画で歌を披露したエデロ勢は、シン、タイガで、あの子たちはなんで7人もいるの?(^_^;)
 私はルヰファンだったから特に言うべきことでもなかったけど、オバレと新入り7人との間には、ちょっと溝があるように感じていた。段差というか。
 オバレの3人には、過去作品から引き継いで来た世界観や物語がある。オバレファンにとって、キンプリは夢の続きの物語であって、シン以下7人は追加キャラなのね。そしてヒロがキングになるまで劇場版2本費やした。結局あれは彼らの物語だったのだ。
 エデロの新入り7人から入ったファンは、アニメ本編でそこまで出番がなかったのにもかかわらず、CD、ライブ、コラボイベント……と次々投下されて、意外に出費が多かった(^_^;) そしてようやくキンプリSSSでそれぞれのプリズムショーを見ることができた。ここで終わりだったら、ちょっと切ないな。物語の扉は、やっと開いたばかりなのに。
 劇場版キンプリから5年。5年といわれたら長いことやってきた感がある。でも彼らの物語は、ほんとはすごく短かったような気がする。
 すでにサービス終了したけど、キンプリのゲームでは、日常のこまごまとしたエピソードやイベントが綴られていて、公式ストーリー扱いではなかったのかな、すでに消えてしまったけど、ああいう季節を跨いだ日常のつみかさねが、彼らにあったらよかったのに。
 そこで、ベスト10映画。キンプリから物語とプリズムショーを分離して、音楽だけを繰り返す映画だ。物語には終わりがあるけど、音楽に結末はない。音楽の一瞬は永遠。もうちょっと長い夢を見ていたいから、あの映画はよかったな。
 音楽の夢を見ながらもうちょっと待ってるわ、キンプリ



 




気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません