バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

1/6ドールの夢

2020年10月27日
やおい&おたく談義 0

 人形は、その持ち主を写す鏡、であると思う。
 大量生産のリカちゃんやバービーでも、買う時は同じ物でも、買ってからが違う。着せる服が違う、遊び方が違う、そしてそれぞれに思い入れが違う。

 1/6サイズいわゆるリカちゃんバービーサイズの人形には、私にはどうしても引っかかって取れないトケのようなものがある。それは恐らく説明しても、今の若い子にはわからない。
 私は、リカちゃん人形がほしくても買ってもらえなかった。TVCMで見たバービーも欲しかったけど、親にねだることはできないのは子供心にもわかっていた。金銭的な意味で。昭和のそういう時代だったのだ。
 大人になってから人形遊びをするようになって、子供の時には技術的にできなかった服作りとかカスタムとか、もちろんそれは大人ならではの楽しみは心底楽しかったけど、子供の時に手に入らなかった空白を埋めるものではなかった。
 過去は変えられない。あの時欲しいとすら言えなかった、あの痛い空白は、生涯癒えることはない。
 空白、と書いたけど、適切な言葉が見つからないから、私はこう書く。経済的な事情がわかってたから、心の傷とは違う。自分の欲望に蓋をして考えないようにしていた、ということなので、空白のままなのだ。
 それは如月ルヰドールがやってきても、今さら変わるわけではないけど、でもここから新しいお話が始まるかもしれない期待はある。
2010260.jpg

 1/6ドールのよいところは、小さいので場所をとらないことだ。どこかへ連れていくときは、スカーフかなんかで包んでトートバッグにぽん。かさばらず、軽い。
 私もルヰをあちこち連れて行こうと思います。
 そして写真を撮るの。
 ドールを野外に出して写真撮るのは、ちょっと勇気が要る(^_^;) 自分ちの庭でも。あの人何やってる?しっ目を合わせちゃだめ!みたいな目で見られるのは必定。でもやるぜ。
 気をつけないといけないことは、あと一人や二人増えても平気(^_^;)などと、気軽にドールの人数が増えてしまうことだ。私はもう歳も歳なんで、ルヰが最後の子にしようと思ってるけど。人生先のことはわかりません(^_^;) みなさん、お気を付けて。
 

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません