バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

浴衣を縫うよ 女物その6(最終回)

2020年09月18日
裁縫 0
2009180.jpg
(12)襟付け
 女物の襟は、男物とは形が違う。
 男はすみからすみまでぴしっと同じ幅だけど、女物は裾の方が少し太い。なんでこういう形なのかなあ。でもこう作ると、襟幅太くすると、厚さが薄くなる。おはしょりをして着る都合、こうなってるのかも。(憶測
2009181.jpg 2009182.jpg
↑男物ときにも書いたけど、アイロンで固めてる(^_^;)キーピング軽くスプレーとかして。ズレたりシワになったりするのがイヤ。

 襟つけの正解て、ちゃんと習ったわけではないから、やっぱりわからないな。
2009183.jpg  それと、この柄の場合、襟にくる柄も考えなくていけなかった。たまたまこんな感じに付けちゃったけど、これでよかったの? おくみの方は柄を考えたけど、襟は考えてなかった。これで正解なのかはわからない。
 結局、浴衣てカジュアルドレスだから、正解は着れればいいんじゃないかな(^_^;) どうせ汗じみとかついちゃうのよ。

2009184.jpg
(13)袖
 女物の袖は、男物に比べると、はるかに簡単。肩の部分がついてるだけで、脇は空いてます。
 なんでこんな形をしているのか。着てみるとわかるです。着る時、ここから自分の手を出し入れして、おはしょりの部分を整える。
 女物は基本的に素人が自分で作ったり解いたりして、リサイズやリメイクしやすくなってる印象。背丈も考えなくて縫えるわけだし。
 
 ただ、私、袖付けで3回失敗しました。袖の左右、裏表、袖山のズレ、3回目にはさすがに心が萎えました。
 この袖には、柄合わせの都合、はっきりと右左があります。絶対に左右間違えないように付箋紙をクリップで止めてあったし、付ける前にそれ見て確認した。でも身頃の方の左右を勘違いしてたわけ(^_^;)裏返しだったから。
 やっぱりちょっと疲れてたのかな(^_^;)
 結局、文字情報はあてにならん(^_^;) ハンガーに吊るして、柄を目で見て確認してから縫いつけました。

2009186.jpg 2009185.jpg
↑でけた。アイロンはしてないのでシワシワだらだらだけど。

浴衣女物 反省会
 せっかく作ったのに、着るのは来年(^_^;)
 ほんとは蒼井翔太ライブ8月の追加公演に着て行くつもりだった。けど、こういう状況で、急ぐ必要もなくてのんびり作ってて、途中で男物も作ったし。
 縫物って意外に体力削られるのか、寝込んだりもした(^_^;) 考えないと作れないから、余計に疲労したのかも。
 浴衣は着るもの。実用品であって、飾りじゃないですから、実際に着ておでかけできなくて、達成感はイマイチ。
 このままタンス行きとして、縫うのに手間取ってるから、べたべたさわってる、やっぱり一度洗濯してからの方がいいかな。

反省1)柄合わせは正解だったのか?
 今となっては、一番時間をかけるべきなのは最初の柄合わせじゃないかと思う。特にこういう大きな花柄は、柄の流れのパターンを完全に把握して、正解を探すのがデザイナーさんが望んだことじゃないのかな。コシノジュンコさんごめんなさい。縫い直すのは何回でもできるけど、裁断のやり直しはできないわけで。
反省2)年齢と色柄のバランスとは?
 グレーで百合柄のは、ちょっと押え目の色調が自分の気分には合うけど、おばさんが着るとくすんでぼんやりした印象になってしまう。老けてきたら、似合わなくても、くっきりした色合いの柄を着るべき。

 続けて3着も縫ったので、なんか段取りは以前より理解が進んだような気がする。手が忘れないうちに、もう一着くらい作ってみようかな。冬あたりに。
 


家庭科は女子力?
 料理。手芸。
 小学校高学年くらいになると、女子は一度はそれらに手を出す。女らしさ?みたいなのを意識して。
 多分ドラマとか少女マンガを通して受ける社会的な圧力があるんだと思う。彼にフラーやセーター編んであげる、とか、ハンカチにネームの刺繍、とか、自作のぬいぐるみ、とか、手作り弁当とかクッキー、とか。そういうことができるのが女らしい。かわいい。美しい、好ましい。物語に出てくるそういうシチュエーションで(さすがに自作のワンピースまでは出てこなかったな(^_^;))、小中学生なんてまだ子供なので、そういうのに影響されて憧れたりして、この私も一度はチャレンジした。
 今ふりかえると。人間には向き不向きというものはあるので、私はやっぱり絵師方面だったのは間違ってなかったけど。でも成功体験が次の動機になる、同じものを作って3回は失敗作して、4回目が本番、というのがわかってたら、成果がでるまでもうちょっとがんばっていたかなあ。
(同じ物作って4回目が本番、というのはジェニー人形のドレスの時に開眼した奥義(のωの))
 いずれにしても、女らしくかわいいと思われたい、みたいな軟弱な動機では、技能はモノにならない。というのも自分の体験からわかる(^_^;)


ああ如月ルヰのドレスを縫いたい…… 

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません