バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

浴衣を縫う 男物(2)

2020年08月15日
裁縫 0

 作る手順は女物浴衣と同じだけど、袖の形と袖つけなどが違う。
 男物は、脱ぎ着がしやすく、動きやすい形になってるんだと思う。

 黒地に黒糸とか、老眼にはちょっと……(全然見えない(^_^;))指先の感覚だけが頼り。どうしても目で確認したいときはiPadで写真撮って確認するしか(^_^;)
2008145.jpg  

 袖の作り方は、女物とはちょっとだけ違う。ぐるっと袋に縫う。時代劇とかで、袖口から物を入れるシーンとかあるよね。
 袖口の下のところを、なぜカーブかけるんだろうなあ。これがひと手間かかるんだよね。和服には長い歴史があるから、きっと意味のあるデザインなのだろうけど。
 本のイラスト説明でちょっとわかりにくいかも。私は実家のお母ちゃんがやったのを一度だけ見たことがある。確かこうやってた。
 洗濯ばさみで型を固定して、ぐし縫いした糸の両端を引っ張ってカーブを作り(引っ張りすぎるの伸びる)スチームアイロンで押える。
2008140.jpg

2008141.jpg 2008142.jpg

背縫い→脇縫い→おくみ
 なんか下から上へと作業。
 縫い代の処理は全部手縫い。みみぐけ。表からはほとんど縫い目が見えないので、だいじょうぶ、下手でも(^_^;)
 脇の袖つけあたりりはこんなかんじ。女物とは違う。かっちりすっきり。実はちょっと歪んでしまったので、どうしても気になるので、後で袖つける前に直せるかな。耳ぐけのとこ。手縫いのこの、なんていうか力加減で微妙なところを上手く合わせる感じが、どうも私はやっぱり不器用なのね。つづく。
2008144.jpg

ソーイングクリップと待ち針
 昔は……私が趣味でお裁縫を始めた頃は、クリップはなかったような気がする。お裁縫の本なんかで、道具紹介されてるページあるじゃない?あそこで知ったんだと思う。
 最近はクリップのサイズもいろいろある。でもわりとお値段高いの(^_^;)ソーイングクリップ。なくすような大きさじゃないし、小さい子がいても安全だけど。クリップで止めてミシンに移動とか、今日はここまでで中断とか、出来るのがいいよね。待ち針だと落ちて危ないけど。
 縫う場所によっては待ち針も必要。マグネットタイプのピン置きを買ってから、針を行方不明にすることがなくなった。ものすごい磁力で、落ちた針をひょいひょい吸い寄せて拾ってくれる。これも昔からあったら良かったのに。
2008143.jpg

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません