バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

bride of prism -雨の廃園ロマンス-’(+作品後記)

2020年09月05日
バードスクランブル 0
KING OF PRISM 二次創作
「bride of prism -雨の廃園ロマンス-」
 如月ルヰを幸せにする、花嫁もの小説。
 結末は分岐しますが、どれを選んでもハッピーエンド。
 PIXIVで公開中。(まだ更新途中です)
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13388403

 ひょっとして私、これが最後の二次創作小説になるかも。
 実は目が弱ってきて、長い文章書くのがむずかしくなってきたので。
 あとはエンディング書いて完結します。(7.25記)

(7.30追記)
 エンディングを2つ書いたのだが、この2つは最初から決まっていたエンディング。
 あと2つ予定していたんだけど、どうも予定どおりに書き上がらない。これではアイディア倒れじゃん。もうちょっと考えます。前にも書いたように、長時間の作業ができないので焦ってたみたいだ。

(9.3記)
 ようやく書き終わったわ(^_^;)
 帯状疱疹とかでちょっとダウンしてて……エンド2/エンド3は寝込んでから書いたので、何を書きたかったのか忘れちゃってて(^_^;)、ちょっと苦労しました。
 二次創作は自分の魂の救済のために書くものなので、誰も読む人がなくても書く。同人の神様が書けと命令したら書かなければならない。書かないとしんじゃう。そこはプロとは違うところなのね。

 ルヰの花嫁もの、面白いな(^_^;) いろいろプロット思いつく。
 次回作は「如月ルヰのお嫁入り」にしよう。(予告)


pride of prism 作品後記(20.9,5記)
 書き直したいところがいっぱいあるけど、まあ出しちゃったものはしょうがない(^_^;) 気が向いたら手直し程度のことはするかも。
 ルヰの花嫁ものでハッピーエンド書こう。という不純な動機で始めた。考えながら途中で書けたとこまで発表していたので、全体のバランスはめちゃくちゃ(〃▽〃) このくらいの長さの作品は、全部書き終わってから直して公開すべきなのだけど。
 この作品は、あらかじめ用意したのはおおまかな設定とネーミングだけで、お話の流れはすべて書き始めてからの思いつき。エンディングが分岐するのは、その思いつきを形にするためだった。
 人物名も同様。神田・鴬谷はほんとに最初の場のにぎやかしのために公式設定から借りてきただけなのに、あとで使うことになるなら、ちゃんと作っておけばよかった(^_^;)
 唐木田さんと高尾さん橋本さんは、名前そのものはどうでもよかったので、終点駅の名前で。
 真剣に考えたのは、主人公が出演している特撮作品名。「鉄拳ライダーブラック」「ペンギン忍者ペケマル」「ワンダープリズム」は苦心の作である(^_^;)(ほめて)
 主人公が「俺」一人称なのは、結局ルヰの相手役が決まらなかったから。最初は「如月ルヰと6人の花婿」で、ルヰ視点のお話のはずだった。ところが私は攻め視点でないとものが書けない奴なので、「俺」小説になりました。
 エンド1とエンド4は、最初に設定考えた時から決まっていたエンディング。なので文にも迷いがない。
 エンド2、時間が戻る話は(やっぱり蒼井翔太混ざってる(^_^;))は結末は決まっていたけど、途中がどうも話を盛りすぎてまとまらず困った。仕方なく、せっかく考えた設定とか全部ぶったぎって捨てた。蒼井翔太ファンにとっては時空移動は疑問に思わないかもしれないけど、それルヰじゃないから(^_^;)理屈ちゃんと考えたのに。
 エンド3、ワンダープリズムの話が一番苦労した。最初に用意した結末がおかしい、使えない、と途中で気付いて、全部やり直し。私は考えても書けないので、ここはルヰになりきって必死だった。「今日は来てくれてありがとう」のセリフが出てきたとき、最後にプリズムショーがある流れになった。私が考えたんじゃないの、そういうのが勝手に出てくるの。

 「ワンダープリズム」を法月仁がルヰのために作ったなんて、書いてる自分も知らなかったわ(^_^;) 法月仁、ほんとはいい奴なのかも。




気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません