バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

蒼井翔太のミュージックビデオを見る会 3回目

2020年03月11日
↑「」を見る会 0
 というわけで、続いてキンレコのMV。


 前回作った一覧表に則して、古い順にMVを見て行くです。下書きなしイッパツ描きiPad絵は、感想文の代わりに描いたものです。


蒼井翔太ミュージックビデオ内容紹介一覧

2003111.png  イノセント
少年少女☆☆☆
 このMVはふんわりしてファンシーな印象。え?そういう歌なの?しょーたんとお召し物以外印象に残ってないので、イラスト描くのもちょっと迷った。
2003140.png DDD
燃えろバディファイト☆☆☆☆☆
フュージョン☆☆☆

 歌ってるしょーたんの強い歌声と表情。 
 このMVもアニメの方が本家。実写MVではしょーたんの珍しいヘア&ファッションが見どころ。
2003110.png  flower
6人もいる!☆☆☆☆☆
ダンス動画☆☆☆☆☆

 この曲はアニメの主題歌ではないので、MVはこれが本編。
 キングレコードで、ダンサー動員した初めてのダンス動画。ここから蒼井翔太付のダンサーは6人体制に。
 MVではしょーたんも踊る動画だが、実際のライブのしょーたんの動きは、ワンラボprismがわかりやすい。
2004013r.png  
おひめさま☆☆☆☆☆
和調☆☆☆☆
 これもアニメ主題歌ではないので、このMVが本編。
 凝ったメイクと衣装、小道具、演出の、ザ・ミュージックビデオ。翔太が思い人を待つお姫さまを演じて、歌っているだけだが、編集が絶妙。アルバムジャケットの無機質な印象とは違う。
2004010e.png Eclipse
マイクパフォーマンス☆☆☆☆
 激しい曲調に合わせて、しょーたんが激しく動き、歌い、シャウト、ジャンプなど、ライブ感ありありのハードな映像。かっこよく美しい。
2004012t.png TONE
踊ってみた☆☆☆☆☆
屋外ロケ☆☆☆

 ダンサーを動員したダンスMV。ダンサーの輪の中心でしょーたんも踊るMVで、実際の公演でのしょーたんのダンスは抑え目。ワンララボアイで見ることができる。
 
2003290h.png   Harmony
教室の風景☆☆☆☆
 高校の部活が舞台のアニメなので、それらしい音楽教室や体育館など学校ぽい情景のMV。楽器を持った学生がしょーたんを囲み、一緒に演奏するという絵になっている。
2003141.png 願い星
Trans -冬の向こう側-
ひとしずく
君に風が吹きますように
春なのに

本当のMVはアニメのOP☆☆☆
 SHOWTA時代のMV。円盤購入時に一通り見たはずだけど、しょーたんが若い、くらいしか印象に残ってない。実績のない新人歌手にかけられる予算はこういうものなのだろう。「願い星」はこういう絵だったのね。想像していたのとは違ったけど、そこは絵コンテを思い通り描けるアニメのようなわけにはいかないものなのね。
 「光のゲンちゃん」はNHKみんなのうたで放送されていたので、アニメ動画があるはず。この曲については、それが真のMVといえる。(円盤には収録されていない)


実はもうひとつある真のミュージックビデオ
 ここからが本題。アニメ番組の主題歌になった場合、放送期間中毎週テレビで歌が聴けるのと、オープニング、エンディングとして☆超絶アートなアニメ動画☆を作ってもらえる。
 これこそアニソンの特権。
 「絶世スターゲイト」以降、ほとんどがアニメの主題歌なので、MVといっても、真のMVはアニメのオープニング動画の方、と私は思っている。実写MVはもうひとつある裏ボス的な、イントロからフルコーラス全部絵がある、ということに意味がある。

 アニメのオープニング、エンディングというのは、ミュージックビデオやミュージカルだと思って考える。と私はとある監督さんに伺ったことがある。特にOPは作品の顔なので、監督とかシリーズディレクターのような人が絵コンテを手がけるものらしいけど、1分半で作品の情報を盛り込み、かつ、歌詞やメロディ、曲調に合わせて動かし、いかにこの作品が魅力的なのかをアピールする。
 だからそういう意味で力作、名作しか許されない。(実際、本編は駄作なのにOPだけ名作みたいな作品も世の中には存在する)
 それで私の好みをいうと、DDDが一番好きかな。OP。特にテロップで「歌 蒼井翔太」と出るあたりが超萌えるわ。そう、テロップの出し方にも意味があるのだ。

ダンス動画はどうですか
 ダンサーを投入したMVは6曲ある。ダンサーは動く背景じゃなくて、もちろん蒼井翔太が一緒に踊るために出てくる、つまり蒼井翔太のダンス動画になっている。
 6曲のうち、キングレコード以降は2曲。
 これって多いのか少ないのかよくわからないが、他のアーティストさんはどうなんだろう?
 蒼井翔太ライブではしょーたんは曲の半分くらいはダンサーと一緒に踊る構成で、MVでは見せたいもの表現したいものの方向性が違う、ということなのかも。ダンサーも誰でもいいというわけではないだろうし、映像に出す人数が増えるということは、いろいろ煩雑なものもあるのだろうな(すいません勝手な憶測です)

 
次回は「蒼井翔太ライブ円盤のジャケット」を見る会 の予定です。



気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません