バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

キン肉マン ニューヨーク危機一髪!

2019年11月28日
アニメ・特撮・邦画 0
1911280.jpg

キン肉マン ニューヨーク危機一髪!
1986年3月

一行感想。劇場版にもしばしば影を落とす悪魔将軍とは……やっぱり人気キャラだったんだな。

お話。テリーマンの授賞式に遅れて到着したキン肉マンが見たものは、荒れ果てたヤンキースタジアムだった。人びとが動かぬ泥人形と化した廃虚のニューヨーク。正義超人たちの行方は…?

 何やらちょっとショッキングな光景が展開する今作は、いつもの正義超人たちの活躍しない映画。キンちゃんの孤独な戦いを描く。
 この年の春の東映まんがまつりは、私は多分映画館行ってない。ひょっとしてレンタルビデオの時代に後から見たような気がするけど、お話とか何も印象に残ってなかった。多分悪魔将軍には思い入れがないから(^_^;)
 しかし今改めて見直すと、プロレスシーンの作画に力が入っていて、意外に見ごたえのある快作。何しろ今回の悪役超人は、正義超人たちのパワーを飲み込んだあの悪魔将軍2Pカラーだ。バトルはキンちゃん一人なので、がっつり組み合って次々と技を展開、プロレスアニメ的になかなかリッチな出来栄えなのだ。
 お話は、突然現れたbigappleてなんだろう?キンちゃんの目がなんで治るの?などなど、いきなりでは飲み込みがたいファンタジーで、だってアメリカ・ニューヨークには古風な神話や伝承てないからこれはしょうがないか。私はやっぱりテリーが活躍しないと萌えないわね。キンちゃんを応援する気持ちは尊いと思うけど。
 というわけで見どころは、プロレスアクション。恐ろしげなニューヨークの風景。
 それから正義超人たちの正装。マリさんナツコさんの服がまともだったり。大統領はレーガンの時代だったのね。みたいな細かいところもいろいろ描かれている。
 表彰式に来ないキンちゃんを無礼だと思ってないテリーや正義超人たちは、みんな人間が出来ているわね。そのくらいでないとキンちゃんとは付き合えないか。

※同時上映※
キャプテン翼
ゲゲゲの鬼太郎
超新星フラッシュマン

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません