バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

gift

2019年10月09日
↑キンプリ 0
「gift」
如月ルヰの至上の音楽。
私はこれからも蒼井翔太の歌から離れることはないと確信する。

1910090.jpg

「KING OF PRISM shiny seven stars SONGS&SOUNDTRACK」
2019年10月発売

 結局けっこう長いおつきあいになった「king of prism」の劇伴集。3枚目。
 一部のキャラソンをディスク2に収録。ルヰの「MOONSHINE」「gift」はここに収録されてます。
 「gift」はゲームアプリのイベントで使用されて、アニメでは登場してない曲。ようやく音源化。ありがとうエイベックス。「MOON」はルヰの声だなと思うけど、「gift」はちょっと普通の歌じゃないから、これはもう神々しいまでに流石の蒼井翔太としか言い様がない。中間あたりに長い間奏がある。ここはプリズムショー……というかダンサー無双のところですね。ライブ映像を想像して楽しみましょう(〃▽〃)

 私は、キンプリの最初の動機は如月ルヰ(蒼井翔太)だったんだけど、アニメとか中の人ライブなんかを見てるうちに、音楽が実はキンプリアニメの要だと気づいて。他のキャラソンや劇伴も集めた。
 前にも書いたけど、私は結局この作品世界をちゃんと理解してないわけで(女児アニメ時代を知らないし)、ルヰ(蒼井翔太)のキャラソンから入ったようなわけで、「pride」も「gift」も元々の曲想…つまりこの曲がどういう状況で、誰が歌ったのか、全然知らないで聴いた。でもそれでも成立するのが音楽というものなのだ。
 BGMも同様に、プリズムワールドだのプリズムショーを知らないままアニメ見て、それでわかったつもりになって興味を持てるのは、それは音楽の印象がこの作品の魅力のほとんど、と言っていい。だって私は設定もキャラも、声優の名前も知らなかった。

 アニメのサントラ盤なんて買うの久しぶり。前に買ったのは劇場版king of prismだから、シリーズで買い集めました。それ以前に買ったのは……しろくまカフェかな?金色のコルダblue skyかな?
 昔は、DVDもVHSもない大昔は、脳内の記憶でしか映像を残せなかったので、その記憶映像を再生するキーがBGMだった。だから、今で言うDVDやBlu-rayを買うような感覚で、サントラ盤は必ず買っていた。好きな作曲家さんだと、アニメ見てなくても買ったり。(渡辺宙明とか菊池俊輔とか羽田健太郎とか)
 映像ソフトがない時代は、TV放送をカセットテープに録音して繰り返し聞いたので、音楽が耳にこびりついたというのもあるかな。そういう意味で今よりも音楽に敏感だったかもしれない。
 DVDやBlu-rayの時代になって、BGM集の優先順位は下った気がするが、今はBGM集は映像とは切り離して、単純に音楽として聴いてるかもしれない。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません