バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

無意識下の書架

2019年09月26日
やおい&おたく談義 0

 観音様を拝んでいるはずが、他の男に見とれていました。売女め!尼寺へ行け( ꒪⌓꒪)
 というのが前回までのあらすじです。

 いったい私に何があったのか。どこでこの男と遭遇してしまったのか?どこが迷いの入り口だったのか?
 実はわからない。思い出そうとしても全く覚えてない。

 気がついたのは去年の秋。2度目のカルライの時だった。
 「あれ?いない?」いないって誰が?ほらあのダンサーさん。
 でも、そこでもっと重大な疑問が。なんで私は名前と顔を知ってるんだろう?この人をいつどこで知ったのか? しかも、私はなんでこんなにがっかりしているんだろう?( ꒪⌓꒪)

「この人は誰? なぜ私はこんなに気になるの?」

 いったい私は過去に何を見たのか。自覚や記憶がないというのは気持ち悪いよね。
 それで、思い当たることといえば円盤しかないから、うちにあるやつをを片っ端から全部見た。私は実践主義だからな。

 ご本尊である蒼井翔太様以外を意識して円盤見たのは初めて(^_^;) すべてが未知の映像で驚愕したわ。今まで見ていたのは何だったんでしょうね?蒼井翔太の背景が全部部ベタ塗りだったヽ(´ー`)ノみたいなもんか(^_^;) ここにこんなものが映ってる〜(〃▽〃)こんなのあったんだ?見たはずなのに〜知らんかったわ〜。と驚きと発見の連続。一度に大量に見過ぎたので、蒼井翔太の過剰摂取になって病気になりかけたけどね。(排泄しないと死んじゃうので「」を見る会を綴った)

 円盤を全部見てわかったこと。私は絶対にダンサーなんか(なんかとかごめん)見てない。そもそも蒼井翔太の歌を聴くだけで思考停止になって、時間も曲目も何も覚えてないんだから、ダンサーなんか(ご…ごめん)見てるはずないし。ダンサーは動く背景(ごめん)だから、誰だろうとかまわなかった。蒼井翔太の歌聞く時、曲の選り好みはあっても、ダンサーのいるいないはどうでもよかった。(ほんとごめん)
 あれ?おかしいな。どこでダンサーを意識したのか、やっぱりわからない。記憶がない。
 自分のブログを読み返すと、ワンラボプリズム公演のあと、ダンサーすごいね的なことを書いてるな。でも一行で終わってる。うーん???私は何を見てこれを書いたのか。やっぱり思い出せないな。
 なんか自分で自分が信じられなくなって、ちょっと怖くなったです。私、思いつきで動くことはよくあるけど、大事なこと、印象に残ることとか、絶対何かあったとと思うんだよね。なんでそれがわからないんだろう?
 結局、あの人はどこから記憶の中にやって来たのかわからないまま。

 人間の脳の8割くらいは眠っている。という話は聞いたことあるよね。
 自意識として、コントロールできる部分は2割くらいで、他は意識の水面下で眠っている。
 私は、もうけっこうな歳なので、自分の中に未知の領域がある的なことは、体験的な意味で実感はある。何が入っているかわからない、自分では管理できない、鍵のかかった倉庫か書庫みたいなものがあって、時々中から何か出てくる。同人原稿とかマンガ原稿描いていたころに、そういう不思議な体験はした。
 今回の場合、 ある日突然「いない?」と表層意識にひっかかってきた男。「この人誰?」と脳内書庫を探したら、あった。書架のカテゴリーを見たら【好き】って書いてあった(^_^;)
 みたいな状況だと思うのね。
 私の知らない私、が私に内緒で好きな男を選んで、情報集めてた。それも蒼井翔太様じゃない人。なんか認めたくなかったけど、やっぱそういうことなんじゃないかな……
 蒼井翔太の歌攻撃で思考停止に陥っている状況下でも、私の脳の無意識領域は「この男は好み」だの「かっこいい」だの、瑣末な情報を書架に備蓄しつづけてきたのか……。

 去年の話に戻るけど、カルライの後すぐに蒼井翔太ライブがあった。ここでも姿が見えなくて、いよいよ疑問が確信を伴ってつのっていったのだが、もし出演していたら、「あ、いた。良かった」と私は疑問に思ったことすら忘れて、あの人は再び無意識下に沈んで行ったんだろうな……


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません