バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

信仰と恋愛は違う という話

2019年09月12日
やおい&おたく談義 0
 蒼井翔太教の在家信者が熱心に御布施や参拝を繰り返すうちに、その寺院の僧兵()に懸想してました。みたいなのが前回までのあらすじ。

 御本尊の観音様を拝んでるはずが、よそ見をして他の男に見とれているとは、不届き千万。この背教者め。ごめんなさいごめんなさい、私は不埒な転びアニヲタです(>_<)
 どこで惑ったんだろうなあ。
 思い当たることといったら、円盤しかないけど。

 でも私、ひとつわかったことがあります。蒼井翔太様の円盤を買い集めることやチケット買うことについて、今も何の疑問もないので、これは変節とかよろめきとかじゃないみたい。
 結局、蒼井翔太愛は恋愛じゃなかった、ということなのでかな?
 蒼井翔太の歌が響くのは音楽だからであって、恋だからじゃない。これは音楽神への信仰だったのか。
 つまり信仰と恋愛は違うものなのね。
 信仰は揺るがず。恋は愚かにも惑う。

 
それで、ですね、今、
1909121.jpg
という状況になってアイタタタ(>_<)なんですが。
 ほんのワンカット、ターンとかした瞬間、あここだ、と一時停止ボタン。あ、やっぱり。
「正岡さん、それやるの特撮オタだから。スーツアクターを見る目よ」
とオタ友に言われたけど。好きなスーツアクターさんは体型でわかるというのはあるけど、アクションに入るときの前動作とかでわかったりするよね。興味ない人にはどうでもいい話。
 それで、私、うたプリ以外のライブ円盤とか初めて見るかも。へ〜〜こんなことやってるんだ〜〜。円盤編集やパッケージの仕様とか各社特徴もありで、スタッフスクロールをまじまじと見てしまう私は、やっぱりただのオタクだったかも(^_^;) 前にも言ったけど、スタッフリスト見るだけでわかることってあるから。


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません