バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

「flower」を見る会

2019年08月17日
↑「」を見る会 0
 もっと取り上げるべきテーマがあるかもしれないけど、とりあえず円盤発売までのつもりだったので、この項で一旦お開きとします。(追記、再開、こっそり手直し等はまた機会を改めて。)
 それで、今回はこの曲について。

「flower」
 2017年1月シングルCD発売。2017年10月のアルバム「Ø」にも収録。MVには、キングレコードに移籍後、初めダンサーが付いた。
 「イノセント」「DDD」に続き、翌年明けに「flower」と、新曲ひっさげての蒼井翔太ライブprism於代々木第一体育館だった。ライブ公演用にダンサーを使った華やかな新曲が必要だったということもあったのかも。カップリング曲の「RUN!RUN!」「Checkmate」も公演ではダンサーがフォローしている。翔太付きのダンサーはここから6人体制に。
 この年のTV出演の収録には、2回この曲が使われている。ダンサーの見せ場も多く、ステージ映えのする曲なのね。
 ちなみに11月NHK「NAOMIの部屋」出演ではアニソンということで「DDD」を歌っている。

見る「flower」
 円盤になっている「flower」は3つ。これと、TVで放送した録画(^。^)が2つある。いずれもダンサー付き。

1908170.jpg  ミュージックビデオ(2017年1月)
(踊)Que。鏑木信三。カケフダタクロー。HiKaRu。TACCHI。Acchan
1908171.jpg  prism代々木体育館(2017年2月)
(踊)Que。TAKURO TAKEFUDA。yuichimen。Akira。YOH。TAIKI
 1908173.jpg
上坂すみれのヤバい○○/テレビ東京(2017年5月)
(踊)Acchan。鏑木信三。yuichimen。カケフダタクロー。HiKaRu。YOH
 1908174.jpg   スッキリ/日本テレビ(2017年11月)
(踊)楢木和也。Que。Akira。Acchan
 1908172.jpg
  Ø両国国技館(2017年11月)
(踊)PASSION。Que。Acchan。yuichimen。Akira。YU-TA。


  MVは、シングルCD付属のDVDの他に、アルバム「Ø」付属のBDにも収録されている。多分後者の方が画質はいい。
 「flower」の発売は、蒼井翔太ライブprismの一ヶ月前だった。
 私はこの曲の発売当時の印象は、特にものすごく好きというほどでもなく、きれいなMVがついてるo(^-^)o程度の認識だった。花柄のジャケットや歌詞の印象もあり、ふわっとしたやさしい曲。特にぐさっとくるような過激さはなく、誰にでも何にでもフィットして、あるいは包んでくれるような、そんな歌だと思っていた。
 ところが、prism代々木公演で見た「flower」でガラッと印象が変わってしまって、それ以降は印象の強いちょっといろいろと気になる曲になった。

 prism公演で見た「flower」はMVと全然印象が違って、男盛りのイケメン野郎が7人でバリバリ動いて盛り立てる、惚れ惚れするほど男らしくカッコイイ曲だった。あれ?こんな歌だったかな。
 実は「checkmate」も同じ印象で(^_^;)、CDで聞いたときは恋愛のそれも寝室の歌だと思っていたのだが、ステージで見たらファイアーエムブレムで城落とすような勢いの曲だった。(例えが貧相でごめん。スパロボでも無双でもFPSでも好きなバトルゲームで。)
 ライブだから伴奏が違う、衣装が違う、床面積が違う、などいろいろ条件が違うわけなのだけど。思いもよらぬいいもの見ちゃった感で、この公演来て良かった、と心から思いました。
 Ø両国では、しょーたんのアカペラのしっとりした雰囲気から始まる。prismの時とは雰囲気が違って、これもまたflowerなのか。
 今後ライブ公演で歌われて行くのかはわからないけど、ダンサーの見せ場の多い曲なので、いずれまた見られるかな。

 「ヤバい○○」上坂すみれさんの番組で、しょーたんゲスト時に流れた「flower」は、スタジオ収録版。青系の背景に白いシルエットが浮かぶ。演奏は1番+α。ダンサーはMV+公演のミックス組。
 「スッキリ」朝のワイドショーflowerは、生出演、生歌。狭いスタジオながらダンサー4人がフォロー。ちょうどワンØ公演の時期で、何を歌うんだろうと思っていたが、ダンサー付のを持ってきた。朝から「零」というのも何だか不穏な気持ちになるし(^_^;) 歌は1番+α。すごく出来が良くて、正直スタジオ収録を含むTV出演歴の中でサイコー。くらいに思う。ダンサーはFC組+akira。

 見比べて思うに、ちょっとしたことでこんなに印象が違って見えるのも、この曲のおもしろいところかも。歌詞のテーマが過激でない分、演出や見る人の気持ちで違うものに変化できるのね。

 ついでに、蒼井翔太ファンクラブイベントのしょーたんのミニライブでは、2年続けてflowerが歌われている。ダンサーが呼ばれるようになったのは2017年から。つまりこの曲はダンサーとセットになっている曲ということだろうか。


2回目につづく。
映像の見過ぎて(^_^;)ダンサーの立ち位置見ただけで、曲のどのあたりかわかるようになってきた自分がちょっとイヤ(^_^;)





気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません