バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

ダンサーを見る会 2回目

2019年04月22日
↑「」を見る会 0
 前の記事の続きです。
 数十年来の我がヲタ友に、さっきのダンサーを映像で探索する話をしたところ、
「正岡さん、それは私たち特撮ヲタの血よ。長年やってきたことじゃない?」
 ああっ(^_^;)そういうことなのか。

 ヒーローの変身後の中の人が誰なのか、体型や動きで判別できるのが特ヲタである。ミリヲタがちらっと機影を見ただけでどこの何型とわかるように、アニヲタがちらっとワンカット見ただけで原画が誰かわかるように、特ヲタにもそういうのはあるの。
 どうやって変身後の中の人の名前を特定するかというと、スタッフスクロールから推理する。(もちろん後で特撮詳しい友達の友達に教えてもらったり。)この人のこの技がかっこいいからって、録画の一時停止&スロー再生は基本中の基本学習である。
 アニメは、アニメーターが描いてないものは画面上に絶対に出てこないが、実写作品はそこは違うのね。だから停止&スローでいろいろと発見がある。

ダンサー探索で蒼井翔太ライブ円盤を見て気がついたことの続き
(6)プロが踊るsmilesmileをちゃんと見る。これとかcheckmate。真ん中でがんばって蒼井翔太が踊っているとついついそこへ目が行ってしまうが、蒼井翔太は自分が歌う都合無理な動きはしない。だからつまり、まわりのダンサーのお兄さんたちが本来の振り付けの意図を反映したものだから、そこはちゃんと見る。
(7)同じ曲で、公演ごとに多少ダンスの構成は変わったり。見比べるのもオツ。
(8)「flower」はダンサー陣がばりばり動いてもりたてる曲で、こういうのも見ごたえがあるなあ。この曲はたぶん何度やっても振り付けは変わらないだろうな。
(9)ライブとMVの違い。MVは意外とダンサーは写ってない。あたりまえか(^_^;) というよりそこまで蒼井翔太が踊ってないのはある。発売したばかりの「Tone」はしょーたんもダンサーと同じ振り付けて揃って踊るところが見所なのね。歌唱はできないから、当然公演版は構成が違う。
(10)ダンサーの衣装考。プリズムの後半、全員同じ白い衣装を着ているが、今まで出てきた衣装でこれが一番かっこいい。いやこれは王子様じゃなくてどう見ても護衛の武官(〃▽〃) しょーたんが着れば王子服だけど、ダンサーが着ると軍服。同じ服を着ているとダンサー個々を判別しやすい。体型とか動きのくせみたいなのがわかりやすいのかな。
(11)昔好きだったスーツアクターさんとかいたけど(後楽園遊園地まで見に行ったりとか)引退理由はだいたいどなたも腰を傷めてだった。ダンサーにもそういうリスクはあるののかな。末長く活躍してほしいと切に思います。



気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません