バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

ダンサーを見る会

2019年04月19日
↑「」を見る会 0
ダンサーに惚れる話
 前にこの記事で、蒼井翔太ライブの出演ダンサー一覧を作ってみて、その後、突然恋に落ちたような気持ちになった。
 それで、ダンサーさんを見るために、蒼井翔太ライブの第1回から、MVも全部見直してしまった。

 通常、私はダンサーとか演出とか、そんなところ見てないです(そんなところとかすいません)。蒼井翔太をずーっと画面上で追ってます。もちろん会場でも、一秒たりとも蒼井翔太から目をそらすことはないです。
 しょーたんが飛行してる〜、トロッコで移動してる〜、のその時ステージでは、あっなんかダンサーも動きがある、とわかっても、そこに気を取られることなく、しょーたんだけを見てるわけです。あとから公演円盤を買っても、その見損ねたシーンでいったいダンサー陣が何をやっていたのか、結局写ってなかったりして(^_^;)わからないで終わってしまうことはしばしば。
 会場で見向きもしなかったダンサーが今さら気になるってどういうことかというと、円盤見てるうちに、あちこちにダンサーの痕跡に気付くわけなんです。しょーたんを軸に横並びで踊ってるシーン。熱唱するしょーたんの右後ろ、左後ろにうつりこんでくる、あれ?今一瞬写ったあのかっこいい人は誰?みたいな。
 そんな程度の動機?
 そんな程度ですごめん。
 消費者がいい男ウォッチングで円盤見て何が悪いかね?
 アーティストのバックダンサーて、動く背景程度にしか思ってなかったし、リスト作らなかったらダンサー見学みたいな動機で円盤を見直すことは絶対なかった。興味のないものにはどこまでも無関心な私が殊勝なことを、とは思わないかね。

ダンサー探索で蒼井翔太ライブ円盤を見て気がついたこと
(1)どこに誰がいるのか見るのは意外と大変(^_^;) ダンサーを収録すること自体は映像の目的ではないので、誰がどういうタイミングで写っているかは運次第。しかもカットつなぎで細切れになってたりして、ダンサーを堪能できるというほどでもなく。
(2)ダンサーにも序列がある。多分。踊っている時はそういうのはないけど、それ以外の場面で。
(3)プロのダンサーというのは踊りが上手ければ誰でもなれるわけではなく、やっぱり第一関門はルックスなんだろうな。
(4)ワンダーラボプリズムの映像がものすごく解像度が高い。大きい会場だったから撮影カメラが違うのだろうか?
(5)蒼井翔太がだんだんオトナになっていくのが顔でわかる。(結局蒼井翔太も見てる。)

 蒼井翔太ライブの円盤なんて、それこそ100万回飽きるほど見たはずなのに、まだ見るところがあったのね。
 改めてじっくりと(停止&スロー)ダンスシーン見てみて、今まで気がつかなかったものを見つけたりしたので、まるで初めて出会った人と秘密の恋に落ちたような気持ちになってるところです。世界はやっぱりきらいめいている。
 でも、あきっぽい私のことだから、この恋もきっとすぐ忘れちゃうんでしょうけど……

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません