バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

なぜ私は髪の長い蒼井翔太が好きなのか

2019年03月01日
やおい&おたく談義 0

 蒼井翔太のライブに行きました。歌も聞けたし、グッズもいっぱい買いました。

 でもその幸せ感とは別に、昨年からなにやら喪失感にとらわれていた私。それがいつから始まったのか、この間、ニューシングルのジャケットを見て私は気付いたんです。

 それは、昨年11月ごろかな?蒼井翔太が髪を切ってから。

 別にこの髪形が気に入らないとか、前の方が良かったとか、そういうことじゃないの。髪形が変わったから、人格がそれにともなって変わるわけじゃないですよね。そもそも髪をカットした、色を変えた、などなどは蒼井翔太的には一年中あることだし。

 それはわかっていても、髪をカットしたことで、私の中で何か喪失感のようなものが生まれてしまった。

 全然蒼井翔太とは関係ないことだけど。

 自分の中にあるこれはなんだろう?

 好きな芸能人の髪形で、私の中の何が動揺したのだろうか。


キャラクターデザイン的には髪形は人格の一部

 私も昔は素人マンガなどを描いていたので、その体験からいうと、髪形は人格の一部である。
 かわいらしい性格の子はかわいらしい髪形をしていて、美しい人は美しい髪形をしている。かっこいい人はカッコイイ髪形。悪い奴、性格の曲がった奴、心の醜い奴は、それにふさわしい髪形をしているものなのだ。マンガ絵のキャラクター表現というのはそういうものなのだ。

 私は、ひょっとして心のどこかで蒼井翔太を二次元キャラだと思っているのだろうか(^_^;) だから髪形が変わる=キャラクター変更、のような感覚を抱くのだろうか。

女の子にとって髪型って実は死活問題


 蒼井翔太の芸能上のできごとを、自分のことのように驚いたり喜んだりしているわけだけど、男性声優にはめずらしく、どんな髪型なのか、どんな服なのか、どんなお化粧なのか、アクセサリー、ネイルまで、蒼井翔太ファンの女の子はみんな興味津々。

 私もそういう惚れ方をしていたってことだろうか。

 私は、今は自分の髪型なんかどうでもよくなててしまったが、昔は超長かった。子供ができて、自分にかまっていられなくなって、面倒くさくない髪型にした。歳を取り、髪も老けてきたので、どうしてもこういう髪型にしたいというこだわりもなくなった。

 若い時はこだわっていたかというと、それも違う。

 中学くらいまでは親が髪型を決めていた。中学の校則では、女子は前髪は眉にかからない(切るかピンで留める)、脇と後ろは襟にかかるようになったら縛る(ダサ〜い。)。男子は丸刈りの時代だった。当時の中学生が髪型に関心がなかったかというと、そんなことは絶対ない。TVではタイガースとかスパイダースとか男でも髪長かったし。私は芸能人のお嬢様お姫様のようなロングヘアに憧れていた。

 それで、念願のロングヘアになったのは就職していから。あまりに忙しくて美容院にいけないうちに、とうとう背中までのびてしまった。すると急に道端でナンパされるようになって、髪が長いってこういうことなんだわ、ということも学んだ。

 でも、好きな髪型を自由にできたわけではない。職場にそぐわない髪型はだめだったし、結婚したら自由かというと、今度は奥さんお母さんにふさわしい身なりというものがある。それでBBAになって世間体がどうでもいい歳になると、もう似合う髪型や服はない(^_^;) そういう意味で、今はもうどうでもいいんです。

私は山口百恵

 私、人生一度だけ、芸能人と同じ髪型にしたことがある。

 高校生の頃、山口百恵ちゃんと同じ髪型に。山口百恵に似てるね(友人のお世辞)と言われてて、自分では桜田淳子くらいのつもりだったのに。それで美容院に行って「段カットというのにして」といったら、ほんとに山口百恵ちゃんと同じ髪型に。学校のみんなや親類、村のご近所さんにも似てる似てるいわれて、2〜3ケ月は山口百恵なりきりだった。
 でも芸能人ていつまでも同じ髪型じゃないですからね。それに高校はパーマ禁止だし。

 というわけで、髪型ひとつで女の子の人生はいろいろ影響あるんです。


 私にとって髪型って、何か抑圧された自分…みたいなものだったのかな。

 それが自分の髪じゃなくて、蒼井翔太の髪型に投影しちゃうのは変ですよね(^_^;)

 こういう惚れ方はしちゃいかんな(^_^;)

 追記。
「更級日記」にある「盛りにならば、容貌もかぎりなくよく、髪もいみじく長くなりなむ」みたいな、ふつーの女子が実現できなかったことを、蒼井翔太に期待しているのはあるかな。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません