バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

超英雄祭 KAMEN RIDER x SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2019 に行った感想

2019年02月03日
歌舞伎・演劇・ライブ 0
1902131.jpg
公演日 2019年1月23日(水)
会場 日本武道舘

 毎年恒例の英雄祭!今年も行くことができました!
 ルパパトもジオウも別に熱心に見てるわけではないけど、歌ライブは番組とは別腹。前にも書いた、私が初めてこの公演に行ったのはドライブの時で、松岡充を初めて生で聞いて、ああソフィア行っとけばよかった、とか思ったりして。それで蒼井翔太ファンになって迷わず公演に行くことになったわけなのだ。歌は生モノだから生食で、ということを教えてくれたのは松岡充そして超英雄祭。

 一行感想。毎年同じ感想だけど、また来年も行くよ!(^。^)ノシ

 平日の一日開催なので、ルパパト、ジオウの二作品に重点を置いた構成なのかなと想像していたら、ライダーパートは平成ライダー総括。平成ライダー主題歌、代打を含め全部歌います!だった。
 クウガから始まって、アーティスト当人が出演している曲はフルコーラス。代役で他の人が歌う場合は1番だけ。クウガからジオウまで全部。
 特に印象に残ったのは石原慎一のアギト。アギトは初参戦だと思うけど、なんかジーンと泣けそうになってしまった(இдஇ; ) 歌詞にしっかりと「仮面ライダーアギト」と入ってるヒーローソーソングなのもお気に入りだけど、でも何かロマンチックに思えるのはきっと石原慎一の歌のせい。OP映像もよく覚えているけど、サーキットのコーナー曲がってくるあたりで、3台が横並びになる映像で胸がきゅーんとなって、すごく好きだった。超英雄祭で歌われることはこれからもないんだろうけど、エンディング曲も好きだったな。
 それと石原慎一のディケイド(இдஇ; )
 アーティスト不在のライダー主題歌を、本日参加のアーティストのあの人がこの歌を的な楽しみもあり、堪能したわ。
 平成ライダーソングを順番に聴いて行くと、初期の歌は「戦うのは君しかいない」的なヒロイックで、闘争心を煽るようなハードな曲調だったが、最近は様変わりしているように思う。それが良いとか悪いじゃなくて、やっぱり音楽も商品だから、そういう時代の空気感のようなものを反映しているのだろう。
 ライダーとは前後するが、戦隊パートでは、ルパパトのキャラソンも披露。ライブの先陣を切るのはパトレン1号。続いてルパンイエロー。そしてLowland Jazzの華やかな金管演奏と主題歌。金管が超しびれたわ。何で違って聴こえるのかわかんないけど、金管も名ナマモノなのね。

 確か武道館て、今年秋に改修工事が入るから、来年は武道館じゃないのかな?どうなるの?
 都内で武道館以上の規模の会場というと、代々木体育館。その上はもう東京ドームしかない? でもヒーローショーとトークショーがあるので、会場大きければいいってもんでもないんだよね。来年はどうなるんだろうね。続報を待とう。
1902130.jpg

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません