バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

KING OF PRISM Rose Party 2018 のBDの感想

2018年11月26日
↑キンプリ 0
1811262.jpg

Blu-ray「キングオブプリズム ローズパーティ2018」
2018年11月発売

収録日 2018年6月10日
会場 アリーナ立川立飛

一行感想。見ても楽しいキンプリライブ。プリズムのきらめきは現世にこそあるのだ。

 6月に会場行ったときの感想は、胸がいっぱいで何も書けなかった。歌だけでも感激はしたけど、ちょっと特殊なステージの設置で、360度見所いっぱい。それは映像でないとわかりにくいかと思う。なので、公演行った人も行けなかった人も、この円盤で確認しましょう。

この円盤のおすすめ箇所


(1)エンディングの場内映像がステキ。エンドロールで、場内の様子が定点カメラでえんえんと流れるんだけど、このなんか作為の無い収録はお客さんの気持ちそのままが伝わって来るようで、何度見ても感激してしまいます。
(2)光る床とライトの演出。これはなんか新しい。世間知らずの私は、この装置は初めて見ました。当日会場で見たときは、ただでさえフロア狭いのに、しかも客席からはちゃんと見えないのに、こんな所に予算ぶっこんで微妙(^_^;)と思っていたけど、でもこうして映像で見るといいですね。ルヰのソロの時なんか氷盤のようで、ライトの投影もものすごくきれいで、これがリズムのきらめきなのね(இдஇ; )
(3)いまどきの若手声優は歌とダンスは標準装備? 歌オーデで集めた面子なのでみんな上手いのは道理なんだろうけど、みんなそろって上手くて、キンプリコンテンツのまとまり感がある。レオはキャラボイスで歌うのは大変そうだったけど、そこは音量調整入ってる。蒼井翔太と武内駿輔は別料金。
(4)どこまでが演出?朗読劇とクイズコーナー。あのアドリブ?はほんとはどこまでが台本で、どこからがフリーダムだったのだろうか?…て考えるのも面白いですね。私はこれ全部台本があるんだと思うけど(・_・)
(5)音楽の暴力(いい意味で)。ノリのいい曲が多い。プリズムショー用の歌ということになので、基本ダンス曲。何度リピートしてしまうのはそれかな。


1811261.jpg
↑Blu-rayでここまで見えます

蒼井翔太ファン的注目ポイント
(1)ソロを含む4曲歌う。エンディングのエーデル組の全員曲も歌ってる。
(2)如月ルヰを体で表現。脚をさらした衣装とか、普通ありえないじゃないですか。
(3)如月ルヰの衣装と装身具。びらびらの裾かざりが広がるコートが美しい。アレクと歌う時と、ソロでは、衣装の一部やアクセサリーが違う。袖とイヤリングを換えて出てくる。
(4)アレクとのデュオ曲。表情とか細かい演出にも注目。武内駿輔は眉を寄せて悩ましげな表情で歌ってるのがステキだわ。アレクのキャラには元々無い曲想なのね。この歌詞の印象では、誘惑しているのはルヰ? でもステージでは背中合わせで腕をつかまえているのはアレクなんですね。
(5)ルナティックディスティニのステージは、細部にわたって手の込んだ光りの演出がすごい。それとこの4人のダンサーものすごく上手い(@_@)というのは、このルナDではっきりわかるですね。ステージにすべるように入ってくる走りを見るだけでわかる。蒼井翔太のまわりを風に吹かれるように回るのも、すごいキレイ。
 如月ルヰのためにここまでやってくれてありがとう(இдஇ; )演出さん。
 みんなこの歌の時は手が止ったよね。。。なんかね、歌が上手いというのとは次元が違うの。私の席からは舞台はちゃんと見えてないんだけど、ペンライト揺れてるまわりの景色がなくなって、蒼井翔太だけスポットライトが当っているみたいな、そういう感覚になってしまうの。
 そしてルナDから、シンとのデュオへの流れがステキ。前奏からの盛り上がりは円盤でもわかる。
 「ドラマチックLOVE」は本来ルヰとアレクはいないんだけど、この構成だとシンルヰですね。

印象に残った中の人
 みんな若くて男前で、みんなよかった。来年のアニメも楽しみ。新曲とかも増えるだろうから、またこうして生歌が聞ける機会があるといいな。
 歌うと印象的な人、動くと印象的な人、アニメキャラよりも印象強い人、いろいろで、みんな名前も顔も覚えたので、何か放送やゲームで見かけたらきっとわかると思うわ。

この円盤の気に入らないなところ2つ
(1)ダンスシーンを細切れ編集。
(2)曲中ここぞという時、カメラが遠くなったり。
 エイベックスの他のアーティストのライブ円盤のことは知らないですが。ミュージックビデオとライブ円盤は目的が違うと思うんですよ。
 よいライブ円盤の条件は、「ファンが見たいものを見せる」「会場にいるような気持ちになれる」「特等席で見てるような映像」この3つしかない。なぜなら、この円盤を買うのは、公演に行った人と行きたかった人。キンプリに1ミリも興味のない人は見ない買わないから、かっこいいMVで目を引く必要はない。だからどこまでも観客目線を貫いて、ファンの見たいであろう絵をばんばん並べて、しっかり見せるのが1番大事。
 ダンサー紹介のところ、ばりばりに細切れで、この編集は絶対許してあげない。そもそもダンスというのは、人間の連続した動きの美しさを表現したものなのに、映像はなぜそれをちょん切るかな?あの人たちはプロのダンサーだよね?
 声優も踊っているけど、それちゃんと収録できているだろうか。本職のように上手くないかもしれないけど、それでも見たい。会場でみんなが見たものを、円盤購入者も見たいのである。
 この円盤の不満はここくらいかな。

 買ってからずっとリピート中。しばらく止らないでしょう。毎日幸せだよ。ありがとうキンプリ。
1811260.jpg

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません