バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

炊飯器の内蓋のゴムを交換する

2018年04月11日
おもちゃ・お道具 0
象印 真空内釜圧力IH炊飯ジャー 極め炊き
NP-NB10

 この炊飯器を買ったのは、ブログの記録によると2010年11月だった。(この記事
 内蓋のパッキング部品(ゴム?シリコン?柔らかい部分)が硬化して、蒸気漏れになってるようなので、これを交換する。

 実は一度、3〜4年目くらいで内蓋は交換している。
 交換の動機というか目安は、「翌日の午後、残り御飯のすみっこが乾燥している」。歯にかちっとひっかかるのはもうだめ。交換。
 それで、前回はたまたま内蓋をまるごと交換したんですが、だいたい2000円くらい。でもシリコンだかゴム部品が劣化しかだけで、他はぴかぴかで、金属ごみとして捨てるとき、ちょっと心が痛みました。
 というわけで、今回は劣化したパッキング部品だけ交換します。

1804110.jpg



購入先
 ヤフーや楽天などに出店している家電屋が、通販で取り扱っている。
 炊飯器の型番と「内蓋」で検索するとすぐ出てくる。
 うちの象印の炊飯器はだいぶ前のものだけど、後継機種も内蓋は同じ型の内蓋らしく、まだ流通している。送料込みで700円くらいですみました。(メール便)ありがたや。

交換作業
1804111.jpg
(1)内蓋上面にある、+ネジをはずす。
  電動ドライバーとかでがっちりしめつけてあるかと思ったら、主婦の手作業で簡単にはずれた。
1804112.jpg
(2)ゴム部品の交換。
 ネジ位置の溝に合わせてはめこむ。
 内溝の汚れが気になる場合は、洗ってきれいにしてから。うちのは全然汚れてなかったので、ちょっとティッシュで拭いただけ。
(3)蓋をはめこんで、ネジ止め。

 簡単だったわ。気をつける事と言ったら、ネジを無くさないことくらい。
 簡単だから自分でやりましょう。
 これで今晩からまたぷにぷに御飯が食べられます。ありがとう象印。
1804113.jpg
↑左側が新品のパッキング。古いのは硬化して収縮している。

 ちなみに、内釜は1万くらいする。割れたり変形するようなもんじゃないし、表面のコーティングが剥がれていくのは、まあこれはしょうがないよね、このまま使おう(^_^;) 


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません