バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

うたのプリンスさまっマジLOVE LIVE 6th STAGE の感想

2018年01月10日
蒼井翔太 0
BD「うたのプリンスさまっマジLOVE LIVE 6th STAGE」2017年12月発売

収録日/2017年5月27日・28日
本編2枚組+ボーナス映像2枚組

 西武球場で二日間開催された、6回目のうたプリライブ。出演者は7+4+7の総勢18人。
 ボーナス映像は、公演中中の舞台裏の様子を撮影したもの。開演前や待機中の出演者の様子など。

 一行感想。リアル美風藍の蒼井翔太です
1801101.jpg  

 私は、実は、うたプリのライブ円盤を買うのは初めて。過去のやつもそのうち買うつもりではあるけど、現状けっこう蒼井翔太商品は多くて、資金繰りが厳しくてね(>_<) 今回無理に6thステージの購入を決めたのは、先日の蒼井翔太ライブ「ゼロ」で話題になった、尻…いや腰フリダンス。あれの先行モデル?はプリライだったなと思い出して。そしたら森久保レイジが先に腰をツイストとかダンスしてました(^_^;)
 私は、このライブには行ってないんです。だから、カルナイの新曲もライブ版は初めて聴く。新曲デュオはけっこう難しい歌なのね。

1801102.jpg  
 
 髪からがっつりと美風藍なりきりがすごい。カルライでも充分美風藍だったけど、髪をここまでやったら、歌だけでなく外見までなりきり。歌とダンスで、これは誰もかなわない。歌が本職とはいえ、見ても楽しい蒼井翔太。
 前野カミュもいったい誰かと思ってしまうくらい、外見がんばってるですね。人間の顔なんてメイクと髪でどうでにもできちゃうものなんですね。

お客は撮らないであげて
 明るいうちにイベントが始まって、だんだん場内が暗くなって行くのも、なかなかオツなものがあるわね。
 大きな容れ物でのイベントであることを強調したいのかもしれないけど、歌のクライマックスここぞというところで何故カメラを引くんだろうな?演出。ここは寄るところじゃないの?みんな出演者を見にきてるのであって、場所がどこだろうと関係ないの。球場のような大きい会場だから、ひょっとして撮影いろいろ失敗しているのかもしれないけど。
 浮かれてる客席なんか撮らなくていいから!冷めるわ〜。

感動のフィナーレ?
 ここはちょっと謎。MCがもともと少ないので、フィナレーレの流れやコメントはいろいろと興味深く見た。
 初参加のヘヴンズが、いきなりこんな大きな会場で公演できて、それで感激しているのはわかる。やれば泣かないでやりすごせるかもしれないけど、素なのか演技なのかわからないけどそこは素直に折れてくるグリリバには、観客もつられてやられてしまうわよね。
 スターリッシュもみんな感極まってるのは、あれ?どうしちゃったの? 海千山千のベテランが(^_^;) せっかく森久保が雰囲気立直してスタリにつないだのに。さすがに最後に長い挨拶が残っていた寺島は最後まで崩れなかったけど。
 なんだろう?このイベントよほど裏事情がやばかったのかしら?ほんとに開催できるのか?的な。西武球場だからね、遠いしでかいしし、本当にお客が入るのか不安は当然あったろうけれど。あるいは、ひょっとして、プリライは6thで最後なのかしら(@_@) ああっ最後だからあそこまで外見をキャラに寄せたということも…

デレラの謎
 この円盤でひとつ解けた謎があります。
 カルライで、藍カミュのデレラデュオの時、前野カミュが登場時は眼鏡をしてるんです。そしてリフトを降りて、藍と合流するあたりでは眼鏡してないんです。なんでここだけ眼鏡してるんだろう?とずっと謎に思っていた。
 このプリライでも、前野カミュはトロッコに乗るんですが、この時眼鏡してるんですね。
 つまり、トロッコとかリフトとか足場の悪いところなどをささっと移動するときは、眼鏡が必要だったとのではないか、と推測する。

印象に残ったこと
・鈴木蘭丸が、バラード曲で声がきれい。元々こういう声なのね。
・緑川さん(さんづけ)をこんな大きなイベントで見れて、行った人はよかったですね。このイベントにも出てるけど、そこらへんの若手声優がおぎゃあと生まれたとき、すでにテレビアニメで人気声優だったんですからね!
(他にも思い出したらあとで付け足す)

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません