バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

マジンガーZ対暗黒大将軍 の感想

2018年01月10日
アニメ・特撮・邦画 2
「マジンガーZ対暗黒大将軍」1974年7月公開(東映)
 
 一行感想。田中亮一のグレートマジンガー見たかったな…

 お話。予言者の世にも恐ろしい言葉どおり、謎の戦闘獣軍団が世界の主要都市を襲い、東京にも上陸する。苦戦するマジンガーZ。

 マジンガーZからグレートマジンガーへのつなぎのお話。テレビシリーズもこんな話だったかな。
 でもこの映画では、グレートマジンガーは最後の最後に突然出てきてZと一緒に戦うが、あれがどういう存在で、中の人は誰で、あの気味の悪い予言者?の正体もちゃんと説明されていないけど、独立した映画としてこれでいいんだろうか。(グレートのテレビ放送は同年9月から。)またマジンガーZは最初から最後まで攻められて壊されるシーンばかりで、ストレスの強い映画ではある。
 私はこれは映画館では見てない。当時の映画館事情として、女学生ひとりで行ける場所ではなかったの。それで後からテレビ放送で見てショックを受けたのは……
 グレートマジンガーの中の人が田中亮一?(@_@)
 この映画がグレートのパイロット版なのかと思っていたけど、wikiの記事によると一度は田中亮一で決っていた?
 うーん、田中亮一の鉄也だったらグレートもちゃんと見たのに。

 私は、当時、グレートは好きではなかった。なので、放送はほとんど見てないと思う。最後の方の話くらいしか思い出せない。
 スポンサーの要求するところで、マジンガーの強さのインフレ的な武器満載なのはいい。グレートに剣の武器を持たせたのも、子供がそういうのが好きなら当然と思う。Zも後半はいっぱい飛び道具ついてたのも、子供番組だからというわりきりはもって見てた。
 私がグレートを毎週ちゃんと見てなかったのは、ロボット本体の問題ではなく、キャラクターとか設定とか全体の雰囲気とか絵柄かな。あまりに昔すぎてよく思い出せないけど、鉄也に感情移入して見てなかったな。絵柄については、この映画だけ見ても、前作の「対デビルマン」とかなり違うし。たぶんこの頃、劇画チックな絵が流行っていたのかもしれない。
 でも、ゲッターロボだってちょっと劇画調なのに私すごく好きだったのは、キャラデザの違い?神谷明のおかげ? もっともゲッターもGになってから真剣には見てないから、ただ私があきっぽかっただけかな(^_^;)
 ごめんなさい。「暗黒大将軍」なんてタイトルで内容忘れていたのに、見てから昔の怨念が蘇って、ちょっと固まっていました(´・ω・`)
 私、田中亮一の二枚目役、好きだったの。「俺は…ウォーズマン」としゃべり出したときもジーンとしびれて、セクシーボイスで、顔のないウォーズマンがすごくイケメンに見えた。あれもなんで変わっちゃったかな。

 それで、この映画見てもうひとつ思ったこと。
 男女の名前の呼び方なんだけど。
 「さやかさん」「甲児くん」と呼びあうのは、当時の感覚ではどんなだったのかな。男の子にはくん、女の子にはさんづけは学校では普通だと思うけど、苗字じゃなくて名前なのは、やっぱりマンガの中だけかな。
 でもボスは、全部呼び捨てで「甲児」はともかく、「さやか」呼びなんですよ。自分の彼女というわけでもないし、甲児くんがそばにいても「おい、さやか」とか、一瞬え?どういうこと?(^_^;)と思ったり。でも「さやかさん」とか「さやかちゃん」とか「弓さん」だったら逆に女の子として意識しちゃってる感じになっちゃうかな。
 グレートはお互い「鉄也」「ジュン」の名前呼びだっけ。でも鉄也は「甲児くん」と呼んでたはず。
 ゲッターロボは男同士は名前呼びで、「ミチルさん」だったかな。ミチルさんからは「リョウマくんハヤトくんムサシくん」でくん付けだった。
 ロボットものに限らず、アニメの中で人物がお互いどう呼びあっていたのは、あまり考えたことなかったけど、当時の時代背景とか社会性なんかを反映した、けっこう大事なことかもしれない。
 ちなみに同じころの放送の「ガッチャマン」では「ケン」「ジュン」「ジンペイ」と年齢に関係なく名前呼びだったから、ひょっとして年齢性別に関係なく名前を呼びあうのは、新しい表現だったのかもしれない。つまり同僚として対等な意識の表れではあるんだろうけど、女の子を名前呼びってひょっとして男の子にとってロマンチックなことだったのかしらね(〃▽〃)
 私、「アタックNo.1」も「早川さん」「鮎原さん」だったのが、いつのまにか「みどり」「こずえ」と呼びあうになって、すごく憧れを感じていたから、きっと男の子もいろんなこと考えたりしながらアニメ見てたんだろうな。


次はゲッターロボが共演だ。



気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント2件

コメントはまだありません

         555  

マジンガーZ INFINITYを見てきたけど、
かなりよい作品だったと思います。

2018年01月13日 (土) 22:22

正岡  

新作気になってます

すごい気になってますo(^-^)o
そのうち見る予定

2018年01月14日 (日) 11:16