バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

ARIA冬祭り2017×S冬祭り2017  行ってきた

2018年01月07日
蒼井翔太 0
DENON蒼井翔太コラボヘッドホン発売記念トークイベント
ARIA冬祭り2017×S冬祭り2017


開催日 2017年12月29日
会場 東京国際フォーラムC

 年末のふたつのイベントに行きました。帰省の前日で迷ったんですが,結局行きました。「行けるのに行かないなんて、馬鹿じゃないの?」などと地方在住の友人に叱咤されて(^_^;) そうよね、どうしても身動きできない事情のある人からしたら,腹の立つ話ですよね(^_^;) はい,ごめんなさい、行ってきます。

1802080.jpg
このCDは会場販売分は完売したそうです。わたくしも1枚貢献させていただきました。開場直後にささっと買いましたので,物販列に並ぶというほどの努力はしてませんが(・_・)


DENON蒼井翔太コラボヘッドホン発売記念トークイベント
 午後3時からの催しは、昨年発売したDENON+蒼井翔太コラボヘッドホンのイベントで、購入特典として「抽選でご招待」というもの。フォーラムCは確か1500席くらいだったかな、何しろ2万もする高額商品だから、これは確率的にいって抽選いけちゃうな(^_^;)とは予感してたけど、ほんとに当選しました。
(ちなみに音響製品の2万は特に高い商品ではござらぬ(^_^;))
 ステージトークは、蒼井翔太さん、DENON社の人2名の3人で進行。こういう音響製品のお客さんはほとんど男性だそうで、このイベントに限ってはほとんど女性で、ちょっと緊張する、とDENONの人が言ってました。
 3パターンある音声を,蒼井さんがステージ上でリアルデモとか。宣伝Vの撮影や音声収録時の話もあったかな。DENON提供のプレゼントの抽選があり、蒼井さんが客席を訪問するというサービスも。まったりとなごやかな催しでした。お客さんがおとなしいとかいわれていたけど、まあオーディオ製品に金をかけるような人は、基本じっと聴くのが好きだと思います(^^)

ARIA冬祭り2017×S冬祭り2017
 そして午後6時からは、ARIA(上松先生の会社)とS(蒼井翔太の事務所)の合同イベント。前半ARIA、後半Sという別々の構成で、ARIAの部では新規企画の「ゴーストコンサート」についての告知など。Sの部では所属の声優や歌手の朗読劇と歌。
 私が慌ただしい年末にわざわざ出かけた理由は、
(1)フォーラムC規模の会場(適度に狭く,音がきれい)でしょーたんの歌が聞けるo(^-^)o 私は今まで大きな会場でしか蒼井翔太の歌を聴いたことがなかったし。
(2)「ゴーストコンサート」のCDを早く欲しい。
(3)この曲を書いてる上松先生てどんな人かなあ。
(4)まだ見たことない声優さんとか見れるし。

 ちょっと正月の寒さで脳がやられてしまって、蒼井翔太のセットリストしか思い出せなくてごめん。でもしょーたん目当てで行ったけど、みんな歌良かったなあ。特に印象に残ったのはフェイラン。初めて生で歌聴いたけど、上手いだけじゃなくて、お金を出してまで聴きたいような何か特別なものがあるよね。なんていうか,人の感情にフックをかけてひきずるような,強い引力のようなものが。
 あと、クロウナイツ。この、キャラクターのルックスがありありと目に浮かぶようなイケメンボイスは誰?と思ったら森嶋秀太さんでした。ひょっとして私が声を記憶する前兆かもしれん。ところで、このゲーム以前チェックした覚えがある。あとで調べよう。1曲目ちょっと緊張してたのか、でも途中で持ち直して、2曲目は完璧だったわ。

蒼井翔太セットリスト
(ARIA)
・GHOST CONCERT
・告白
(S)
・INVERTED
・絶世スターゲイト
・UNLIMITED
 5曲も聴けたし(〃▽〃)すごいよかったわ。高音まで楽々声出てて。
 それと「ゴーストコンサート」も聴けたし。

 「ゴーストコンサート」についてだけど、イベントで明かされた情報では,他の追加キャラについて画像がちらっと。作品世界の設定なども説明があったけど、でもこれを展開するメディアとか時期については、何にも説明がなかった。ゲームなのかドラマCDなのか、歌が売り物なのは想像がつくけど、どこでどうやって作品を発表,展開していくのだろうか。
 それで、明智光秀(cv蒼井翔太)に関してだけど、初めて蒼井さんが上松さんを訪問した当時?髪が長かったそうで,戦国無双とかの明智光秀をイメージしたとか。それでこのゴーストコンサートのキャスティングで…
 とかいう話を聞きながら私は思いました。蒼井翔太という人は、すんなりと今の地位を築いたわけではないですよね。事務所やレコード会社や名前も変わったりして、いろいろなご縁あって蒼井翔太になったんですよね。もうちょっと偉くなって,押しも押される大歌手になったら、自伝とかノンフィクションとか出版されるんでしょうかねえ。誰か漫画化さんが「蒼井翔太物語」みたいなのを描いてくれないかな。


気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません