バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

最遊記RELOAD BLAST の感想

2017年10月31日
↑小西克幸/アニメ 0
TVアニメ「最遊記RELOAD BLAST」2017年放送

 コニタン登場と聞いて。
 この作品、昔からタイトルとかキャラ絵とか内容は知っていたけど、実はアニメは初めて見ます。なんでタイトルとか絵を知ってるかと言うと、コミケでもジャンルコードがある作品だったかと。
 ちょっと調べてみたんですが、原作掲載は1997年から。映像化は1999年から。だそうで、ざっと20年の歴史がある作品ということなんですね。映像化継続とか、すごいな。アニメは何作目になるのかな? しかもアニメキャスト中の人そのまま健在です。

 一行感想。原作未読。途中参戦でお話についていけるかと心配だったけど、意外にわかりやすく、お話の続きも気になって完走。いい作家作品が原作のアニメって、設定もお話も見所読ませどころがあるのね。

 「最遊記」は古典を下敷きにしていて、世界観や人物名も古典から採用されていたりするので、原作全然知らなくても、誰が何で、物語の有り様や向かわんとする方向がなんとなくわかる。このあとどうなるんだろう?的な盛り上がりもあり、作品世界全体の高さや深さを感じる。

 コニタンのお役は、波珊(ハッサン)。今期のみの登場キャラ(多分)で、超低音、武闘派ボイス。
 今期の舞台、西域の一地方に鎮座しつつ守護している紗烙(しゃらく)三蔵。ハッサンは紗烙の下に仕える戦闘員だが、元々は紗烙と共に修行していた。三蔵になった紗烙を守り、運命を共にするいう、実は純愛男子(〃▽〃)
 なにしろ20年前から映像化してきた作品なので、レギュラー声優陣はみんなベテラン。アニメではコニタンでベテランと言われるけど、四人組も紗烙ももっと上の世代の声優です。コニタンはそれとつり合うような芝居と、重厚なワイルドダンディボイスです。
 絵的には、崩落する建物の瓦礫から紗烙を守るとことか、純愛萌えポイント。
 三蔵は固有名詞じゃなくて、僧の尊称&称号で、この世界には他にも何人か三蔵が出てくる。へーそうなんだ(@_@)

 それで、なんと、まだお話はまだ終わってない。原作はどうなっているんだろうか。
 だけど、結末はだいたい想像はつく。……多分、前世と同じ結末になるのだろう。

 さて、わたくし、四人組で一番気になる中の人は、関俊彦。お顔は昔から写真とかで知ってた。去年だったか、漱石の朗読でコニタンと同じ舞台に出てたし。生で関俊彦の声聞けてラッキーとか思っていた。
 私が初めてこの名前を覚えたのは「ダッシュ四駆郎」。マイルドな美少年ボイス?で「天空戦記シュラト」も。調べてみると、1989年のことだった。黎明期のBLでも、だいぶ活躍したような気がする。それと「アンジェリーク」1995年(最遊記より前。)にも出てるから、いわゆる女性向けジャンルにも強い声優さんだった、んだろうと思う。
 中の人たちが老け込まないうちに、アニメ完結してほしい……

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません