バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

「DYNAMIC CHORD NO LIMIT VOCAL LIVE 2017」上映会

2017年09月04日
蒼井翔太 0
ライブ「DYNAMIC CHORD NO LIMIT VOCAL LIVE 2017」発売記念上映会

2017年9月3日 丸の内ピカデリー2

1709040.jpg

 9月末にDVD発売予定の「DYNAMIC CHORD NO LIMIT VOCAL LIVE 2017」は、2017年1月のライブ公演を収録したもの。
 私、この円盤は予約済みで、何も今わざわざ交通費までかけて銀座まで行って見なくてもいいと思うんだけど(´・ω・`) でも気がついたらチケット取ってました。

 一行感想。無駄遣いなんだけど……無駄遣いなんだけど……でも丸の内ピカデリーのあの巨大なスクリーンで歌う蒼井翔太見られたから!行って良かった(〃▽〃)(結局それが目当てだったとは恥ずかしくて言えない)


 このライブ公演は、オールスタンディング、サイリウム禁止、ロックバンドのライブ公演みたいな形だったようだ。私は実は「DYNAMIC CHORD」という原作ゲームの全体像は知らなかったのだが、この公演映像でそれが見えたような気がする。そもそも蒼井翔太目当てでCD買ったので、他のバンド曲はPVでしか知らないし(^_^;)
 そんなわけで「DYNAMIC CHORD NO LIMIT VOCAL LIVE 2017」でわかったこと。
・やっぱり蒼井翔太の外見も好き
・「DYNAMIC CHORD」に登場するバンドの全体像や個々の個性
・ボーカル担当の声優の個性
 
 最初に蒼井翔太ファン的な感想。ピカデリーのあの大きなスクリーンにNaLのコスをした蒼井翔太のアップが映っただけで、もう雷にでも撃たれたようだった。それで歌い出したらもう奈落の底まで落ちて行くかんじ(〃▽〃)
 おまえ原作ゲーム知らないから天城成海がどういうキャラか知らないくせにといわれれば、まったくそのとおり。でも初めて「apple-polisher」というバンドと遭遇したとき、バンドメンバーのプロフィールより先に、曲や見た目の印象から入るのは当然だろう。ディビッドボウイもKISSでもマイケルジャクソンでも、私は曲+外見から入った。アーティスト個人についてはあとから知ったし。売れるってそういうことでいいんじゃないの?
 写真でしか見たことがないNaLがそこにいる!
 蒼井翔太は、元々歌稼業だけに、聴衆の↑な心理がよくわかってる人なんだろう。外見までがっちりNaLなりきりコスなのは。

 「DYNAMIC CHORD」には4つの個性の異なるバンドが登場する。このライブ映像で、とりあえず4バンドの全体像がわかる。CDを全部探索しなくても。
 「DYNAMIC CHORD」は乙女ゲームらしいのだが、そこを抜きにして、音楽だけでも世界観のようなものはある。一口に音楽を題材にしている乙女ゲームていろいろあるけど、「DYNAMIC CHORD」はアイドル路線とは違う道を行ってる。こういう曲が好きな人って多数派とはあまり思えないのだが、イマドキの子はどうなのだろうな?
 私個人の趣味としては、「DYNAMIC CHORD」の曲は、うたプリやバンやろよりも好み。蒼井翔太にこういうの歌ってもらいたいと思ってたのが「apple-polisher」で現実になって、ライブ映像まで。もうサイコーっすよ。

 このライブに登場するボーカル4人は本職は声優で、仕事で歌は何でも歌う。個人名義のCDやライブもあるけど、キャラソンの収録曲も多くて、アニメ作品ライブに引っ張りだこの人気声優だ。私はあまり詳しくないけど。
 このライブ映像で思った。他の作品イベントで歌ってるの見たときと、なんか違う。もちろんキャラクターとして歌っているからだけど。でも歌って、それもこういうアーティストっぽい歌って、自分を切って中身を見せるようなところがあるじゃない? 私は見てて、中の人をかいま見るような気がしたの。演技でキャラを作っているのはわかってるけど、どこかに自分が出てる部分もあるんじゃないかと感じた。
 歌は深い。
 円盤でまたじっくり観賞します。



 ところでアニメ化だそうだが、どんな内容なんだろうな。
 乙女ゲーなので、バンド野郎と恋愛する内容だったはず。でも女のいるバンド野郎なんか応援したくないよな(^_^;) いや現実のバンドおっかけは知らないけど、これアニメだし。乙女ゲーアニメ化の一番の足かせはそこなんだよね。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません