「うたのプリンスさまっ♪ QUARTET NIGHT LIVE エボリューション 2017」ライブ・ビューイング

「うたのプリンスさまっ♪ QUARTET NIGHT LIVE エボリューション 2017」ライブ・ビューイングの感想

2017.3.12 TOHOシネマズ府中
(出演)森久保祥太郎/鈴木達央/蒼井翔太/前野智明

 まさかのうたプリライブ(^_^;) いつもCDで聞いてた歌を生で聴きたくて。
 あれっ?蒼井翔太が男装してる?(@o@)(←殴)

 一行感想。カルテットナイトというアイドルがほんとにいるみたい〜(〃▽〃) よかった〜。いいライブだった。

 本当に最初から最後まで4人しか出てこない。この世に本当にカルテットナイトというアイドルグループが実在するかのような公演だった。
 声だけじゃなくて、見た目も。
 声優の出演するアニメやゲームのイベントって、歌や芝居でのキャラクターの再現が目的だけど、ダンスや振り付け、力入ってて良かったよ〜。蒼井翔太が目当てで行ったんだけど、とにかく総合的に良くて、行って良かった(〃▽〃)


距離とお金を圧縮する?ライブビューイングの可能性
 チケット取るの苦労しました(^_^;)ライビュビューイングなのに? 首都圏は瞬殺だったですよ。先行からハズレで(ライビュですよ?)いやな予感はしてたんですが、一般販売でまさかの瞬殺。諦めきれず探しまくって、行けなくなった人が譲渡先を探しているのをみつけて、もう大変だったわ(^_^;) ちゃんとしたうたプリファンの方で、もちろん定価でしたよ。近場の府中でラッキーでした。
 うたプリはすでに巨大な声優ビジネス?で、毎年開催のライブも埼玉スーパーアリーナとか西武球場。もうこれ以上大きな器はないし、それでもチケットとれない人がいるくらいらしい。
 全国の映画館を客席にできるライブビューイングは、チケット難民を余さず拾うことのできる試みだと思う。いくらうたプリ好きでも、東京に来られるファンばかりじゃないもんね。お金やスケジュールやおうちの都合で外泊できる人ばかりじゃないし。今回ライブビューイングは56000人以上が観覧だそうですよ。
 こうして、日本全国津々浦々、地域格差を縮められるライブビューイング。もっと機会が増えるといいと思う。でも映画館という箱を確保するのは大変かな。ネット配信というのもあるよね。
 それで、カルテットナイトのライブビューイングなんですけど。中継映像良かった。
 公演は国際フォーラムAで、ここは多分カメラが撮りやすい会場だと思う。ステージ前にカメラ移動用のレールがしかれて、そこから撮る絵が超いいの。最前列の特等席でステージを見ている映像なの。これ最高です(〃▽〃) アップもばんばん多用。後に発売されるであろう公演円盤が楽しみ。

序盤の緊張感
 公演始まって、序盤、なんかすごい緊張してた? あれ?蒼井翔太ってこんな声だっけ?と感じた。
 他の3人の歌はふだん聴いてないのでよくわからなかったけど、あれ?妙だなと思ったけど、公演が進行するに従って4人とも声がつやつやしていったので、みんな最初は緊張してたのがしらね。
 何度もこういうイベント出てるのに緊張する?
 やっぱりゴールドディスクとかライビュに56000人とか、ハードル上がった状況での公演だから?
 さすがに一日の長ありで、森久保祥太郎は歌もMCも安定感があったなあ。ちょっと惚れ直したわ。まあ実績からいうと当たり前の仕事とは言えるけど。
 この面子では森久保だけ歳が多くて(10歳くらい上)、カルテットナイトにキャストされたときはいろいろと思うこともあったかもしれないけど、でもこんなに大きな仕事やれてよかったなあ。(森久保が出てくるBLとか持ってるけど、まだ前野も鈴達も影も形もない)

早くもう一回見たい。円盤待ち。
 ニコニコ生中継のタイムシフトなら、有料でも何度も見られるのに。
 いろいろといい場面あったんだけど、思い出せたらあとからでもメモっておく。
・アンコール後のMC。素に戻ってるんだけど、終わりたくないと階段に寝ころんでだだをこねる森久保。素なのかねらってやってるのかわからないけど、こういう引っ張り方ができるのがベテラン芸なんだろうな。
・GOD’s STAR がCDよりも良かった。
・蒼井翔太のマジ泣きが見られた。
・公演導入は動画。自分のキャラを演じている。キャラクターの外見に似てるとは思えないけど、ステージ上で不思議と違和感がないのは、やっぱり声の力なんだな。
・他の人が整理したセットリストを見たけど、30曲くらいやった。すごいかって? 蒼井翔太は自分のライブではひとりで20曲以上歌った。これにあと3人のソロを3曲ずつ足すと30曲超えるから、まあそんなかんじかと。でも声優が出演者のイベントなんだと思うと、なかなかではないだろうか。しかも体力勝負みたいな振り付けもついていた。
・鈴木達央がケガして出たライブのことを謝っていたが、そんなに気にするものなのかと意外だった。アクシデントなんだし、それでもステージに穴は空けなかったんだし。でも役者的には万全な姿でステージに立つのが仕事なのかな。もし普通の舞台公演だったら、役降ろされてるかもしれないしね。
・MCの中でリハ一週間と言っていた。声優ユニットの単独ライブの難しさは、まずこのスケジュールの確保にあるのね。
・あれっ?前野智明ってこんな顔だっけ??? ちょっと白いめのドーラン?カラコン?人間の顔ってメイクでどうにでもなるものなんだなあ。
・国際フォーラム会場では、観客手持ちのライトの遠隔操作の演出があった。チケット代に最初からライトも含まれていて、これがただのお土産グッズじゃなくて、演出側が無線で?コントロールできるものなのだ。曲の進行にともなって会場全体客席も演出するのね。こんなことができるんだ。ライブビューイングを含め、いろんな試験的な側面もあるイベントだったのかもしれない。

・TOHO府中について。駅前だし、ビルも迷子になるような複雑じゃないし、いい映画館だなあ。ライブビューイングにつかったスクリーンは500席以上ある大きいものだった。シネコンの座席って超快適。ライブビューイングのいいところは座席の座り心地。3時間座っててもおしり痛くならないとか。

・遅れてきた蒼井翔太ファン(^_^;)的な感想。うたプリに登場したころの蒼井翔太はライブ映像でしか見たことないけど(私はゲームはやってない)、多分に美風藍が蒼井翔太を有名にした。その藍として歌う。いうなれば、蒼井翔太はリアルうたプリ。
(他の出演者はうたプリ以前に人気男性声優)
 カルテットナイト単独ライブは虚構と現実がまざったようで、とても不思議な気持ちになった。私はもういい歳なんで、声優と役を混同するような見方はしてないはずだけど。

(あとで加筆するかも)

・パンフくらい欲しかったな。事後通販とかないかな。
 こういうのは後になればなるほど熱が抜けて買わないですますものなので、はよアナウンスしたがよいぞ。円盤も含め。

(2017.3.24追記)円盤化のお知らせがありましたね。円盤化しないわけないじゃん、あんなに手のかかる動画とかこしらえて、ダンサーも大勢投入して、ペンライトの無線コントロールの演出とか、いろいろ投資したのに。円盤化告知の遅れは、そうだなあ、何か円盤に関して決定すべき案件が遅れたってことかしら(^_^;)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/2097-18660f97
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡