徒花の契り

161005.jpg

徒花の契り(2016年配信)
Ameba/mixi/GREE/BLobby/App Store/Google Play
で配信中だそうですが、内容は同じなのかな?

 これ、始めました。
 App Store からダウンロードできるアプリで、BLノベルゲーム。
 無料BL作品てけっこうあるかと思います。Twitterとかで広告でみかける。これも多分それで見かけたんだと思います。それでこの作品を選んだ動機は……絵かな……

 上の画像はiPad版。iPhone版とちょっと配置とか印象が違うかも。
 レーティングは17+になっている。文章の表現上はHあり。でも直接的な、あるいは下品な表現はないので、印象として、成人向け表記はなしでいい。


第一次感想(10.5)
・絵きれい。
・BGM、効果音擬音、ボイス一切なし。
・攻め視点のお話。←ここ大事!


 絵。このゲームに目を留めたのは、絵の印象だった。お話は読んでみないとわからないけど、絵は見るだけで好みかどうかわかるから。まず入り口はそこだよね。
 まだまだ始めたばかりでHなスチルはゲットしてないので、体の描き方はわからないけど、顔絵はきれいで、かっこよく、かわいらしい。意外にいろいろな表情があって、見飽きない。
 公式情報では江戸時代になってるけど、そうなの? まあそこはなんちゃって時代劇のなんちゃって吉原的な設定で理解すれば充分。なので衣装も髪形もこれでよし。

 音楽や音声なし。iOS版にはない。
 声がないのはさみしいような……。しかし意外に世界観の妨げにならないからこれはこれでいいんじゃないかと思う。
 世の中には声がついたBLだけは絶対お断り!という腐女子がいるけど、その理由はよくわかる。声が入ると化学反応を起こして、キャラクターや作品全体に色がついてしまうのだ。読者として作品を読み進めながら、文章や絵から読み解いていくはずのものが、そこにもうひとつ声優のフィルタが入ってしまうのだ。もちろんそれで救われたり膨らんだりする作品もあるが、読者の介在を許さない部分ができてしまう、ということなんだよね。
 絵は記号であり、文章はフォントの羅列なので、それを読者は読み取って脳内で再構築するのが楽しいの。でも声優の声だけは無変換で耳から入ってくるので、声は声でしかないから、何か邪魔になったりすることもあるの。

 物語の主人公は、友人に連れられて吉原にやってきて、偶然男の花魁と顔見知りになり……。
 序盤の共通ストーリーを経て、3人の中から一人選んで物語は始まる。同時に複数の進行はできない。途中で変更すると好感度などがリセットされるらしい。
 攻略?キャラは、浅葱と松風は売れっ子花魁男子。こと葉は水揚げ前?の子。
 私はこと葉ルートで始めました。(上の絵。設定上3人目の子)
 文章は主人公の一人称。主人公つまり攻め視点です。ここは作品の雰囲気を左右する重要なところと思います。遊廓設定なので、これが書きやすいのかもしれない。ところどころ、主人公のいない場面で天の視点的な説明シーンなどもある。

 課金について。
 本編は無料。ただし一日で読める分量やポイントで制限があり、選択肢による好感度の蓄積が足りないと、エンディングに影響する。足りない分は課金で補える。エンディングは1キャラにつき2つらしい。
 番外物語は有料。ガチャで購入するが重複なしなので、課金の上限があって安心。
 期間限定イベントは、ご褒美シナリオまで全部獲得しようと思うと課金必須。
 課金単価はそんなに高くないです。
 ログインボーナスがあるので、1周目は無課金で本編をすすめて(結末不問)、二周目に勝負をかけようと思います。
 これから始める人は、選択肢とポイント数をきちんとメモった方がいいと思います。
 一周目は悲恋終幕狙いの方がいいと思う。極上終幕を選択した後、好感度が足りない事態に陥ることがある(^_^;) 選択肢をきちんと洗い出した二周目に極上終末に行くほうが確実。

(追記)時限クリア報酬を狙う人は、ログインボーナスは、期間限定イベントのために備蓄しておくのがいいと思う。でも、それだけでは全然足りないし、極上エンドルート分岐が最後の課金だと思ったら甘い。あといくらかかるかわからない仕組み。
 自分の体験では、1キャラのみ全終末24時間以内クリアは、備蓄アイテム+2000円くらいはかかったかな。かっとなってあまりよく覚えてない。ここで降りたら前に入れた金が無駄になるので、最後まで課金しちゃうことになる。
 期間限定イベント用と通常シナリオ用のアイテムを間違えて余計に金払ったりもした(^_^;)要注意。
 限定イベントを無料でやりたいなら、1キャラだけは期間内に全終末はいけるんじゃないかと思う。もちろんログインボーナスの備蓄+数時間ごとにはりつくとかの努力して。

 こと葉の脳内ボイスは……ここには書かないでおこう。読者それぞれに自分好みのキャライメージで楽しむのさ。つづく。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/2062-ff53eda9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡