獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)

161001.jpg

「獨道中五十三驛」(ひとりたびごじゅうさんつぎ)
2016年10月1日 夜の部 於入間市民会館

 松竹大歌舞伎巡業(秋季巡業公演)の初日に行ってきました(〃▽〃)
 猿之助の巡業公演で、演目はなんと三代目猿之助の通し狂言。一昨年、新橋で見ましたよ!あれを巡業でやるんですか?どうやって? 大掛かりな仕掛け満載な舞台なのですが、巡業仕様のコンパクトバージョンがあるらしく、実は三代目も巡業でやってるんだそうです。

 首都圏で唯一行けそうな会場が入間会場でした。ちょっとうちからは乗り継ぎが面倒な地域、でも行けない距離じゃない。それにAキャスト・Bキャストがあって、猿之助になりかわって舞台に立つのは坂東巳之助。ワンピース歌舞伎で一躍男を上げたみっくんが、沢瀉の狂言をやる。この舞台は一人で13役もやるし、宙乗りもある、凝ったお芝居なのだ。
 これ見なくちゃ!(@o@)
 坂東巳之助は沢瀉の役者じゃない、父上のいない今事実上大和屋の当主。それが沢瀉の舞台で主役をやるなんて多分これが最初で最後。新橋とか歌舞伎座の興行では絶対にありえない。遠いとか言わずに、日帰りで行けるなら行こう、もし帰れなくなっても大丈夫!ここは日本だ!(^_^;)

 観劇したのは、夜の部。つまり猿之助が化け猫。巳之助が十三役早変わり。
 大向さんらしき人たちもいて、にぎやかでした。


「獨道中五十三驛」は、私は一昨年見ているはずなんですが、あれっ?こんな話だっけ?(^_^;)(←序盤)
 巡業コンパクト版なので、もちろん端折ってる場面もあるわけなんですが、どうもお話が思い出せない。ちょうと10月11月と二ヶ月にわたって猿之助奮闘公演で立て続けにハードなやつを見たので、「えどぐま」「さるしま」などがごっちゃになってる(^_^;)
 三代目の作った狂言は、とにかく主役がでずっぱりで大変。そこをこの「獨道」巡業版では、化け猫と十三役早変わりを二人で分担して、その他の登場人物もそれなりにちょっとずついろいろ分担しているかんじ。

 猿之助の化け猫〜。変身する前から怪しい〜。そうそうそう。この赤ちゃん抱いてる女の人を……きゃああああああ( ゚д゚)
 この場面は前に見たときとほとんど同じだと思う。
 この化け猫の場面だけを見取り狂言にしてもいいよね。前後の関係がわからないとただのホラーだけど。
 それで、巡業版の宙乗り、どうやってやるんだろうと思っていた。舞台を左右に飛ぶだけと聞いていたけど、それは違う。ライトを下の方から当てながら、ぐおんぐおんぐおんと飛んでいく様が舞台のちょうど真ん中あたりの高度を飛んでいく。飛んでるの。ぶら下がっているんじゃなくて。金魚鉢を横から眺めている感じの絵だった。

 巳之助(主役)登場〜。そこはもっとスターのドヤ顔していいのよ。みんな巳之助を見に来てるんだから!
 一昨年見たとき、この十三役早変わりのあたりは私は体力がつきて意識が朦朧としていたのか、内容をあまり覚えていませんでした。覚えているのは舞台写真買った傘さしてる年増女、あとは記憶があやふや。そもそも何が何の役なのかわかってないから、余計に覚えてない(^_^;) それがもう一度じっくり見られてよかったわ。
 ここはほんとにすごいのよ、どこを切っても巳之助。出てきたらまた巳之助。ここにも巳之助。巳之助尽くし。
 巳之助の十三役、特に破綻なく、きっちりよかったです。女形も意外に(ごめん)きれいで、もちろん踊りの話、踊りがだめだとここはサマにならないけど、見栄えもよかった。
 昼の部を見てないけど、多分猿之助版は低燃費で最高タイム出すみたいなやつだったんじゃないかしら。この日は巳之助さん初めての十三役の回だったので、緊張とかもあったかもしれないけど、トップギア入れてがんがんアクセル踏んでるかんじに思えました。
 「獨道」のおさらいと、巳之助の早変わり舞踊が観られて、しかも巡業だからチケ代も安いし。(ネオロマより安いんだぞ(^_^;))行ってよかった。いいものを見れた。

 それで家に返ってきての感想。
 四代目の「伊達の十役」はまだですか? はやく見たいです。
 お金ためておこ……

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/2061-ae9d5a06
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡