劇場版仮面ライダードライブ サプライズフューチャー

劇場版仮面ライダードライブ サプライズフューチャー(2015年公開)コレクターズパック

 2015年夏の劇場版ライダー映画の青円盤です。
 なんですかね(^_^;)番組始まった当初は私、コスチュームがダサいだのなんだのケチつけていたような気がするけど、今じゃもう中の人も映画も大絶賛ですよ。いや、やっぱタイヤしょってるのはダサいとはまだ思ってるかもしれない(^_^;) 何度かデザインチェンジしたチェイスや、最初からすっきりなマッハはいいとして。でも中の人がかっこよければ、それにつられて皮もかっこよく見えてくるものよ。

 この映画は、多分撮影時期はTVシリーズ後半戦撮ってるころで、中の人たちもファンの反響や手応えを感じていたんじゃないかと思う。また、春のお祭りライダー大集合映画と違って、「仮面ライダードライブ」しか出てこない映画だから、番組や中の人たちの真価が問われる作品。そういう意気込みや自負のようなものが、制作会見や舞台挨拶に表れていると思う。
 コレクターズパックは2枚組。2枚目ディスクに舞台挨拶などの様子が収録されているので、チケット瞬殺で行けなかった私は(^_^;)、これで堪能した。でもノーカットじゃないんだよなあ。

 お話とか感想は、前に映画見たとき書いたのと印象は変わってない。
 ドライブ進ノ介視点で進むお話で、観客=進ノ介な映画である。進ノ介が見えないものわからないものは、観客にもブラインドになっているので、謎が謎を呼ぶおもしろい展開。
「もう考えるのはやめた」
 目の前にある敵とただひたすら戦う。余計な説明はない。TVシリーズを見てないと、脇の人物がどういう人なのかわからないと思うけど、そこは警察組織ということで、だいたいの上下関係や職種はわかるからそこはすっとばしていい。
 また、剛やチェイサーの内面に踏み込んでいかないのは、もちろん進ノ介視点のお話だからだ。進ノ介の危ないときにバン!と割込んできて、ぼろぼろになるまで戦う。ひたすらドライブのサポートに徹するのは何故なのか。そこは説明はない。剛とチェイスに対する絶対的な信頼感が感じられて、私はそこがこのシナリオの気に入っているところだ。
 またエイジについても説明過多になってないところも、あとでいろいろ想像の余地があっていいと思うんだよね。未来から来た敵ロイミュードの話で、断片的にしかわからない自分やエイジの事情とか。焼け焦げたネクタイは本物だったから、あの未来では進ノ介は殉職?とかしたのかなとか。
 ヒロインの霧子の扱いは、けっこう重要な役を与えていて、ただの画面の花扱いじゃないのね。霧子が上司を叱る場面、恋愛part担当じゃない。このセリフは誰が言っても意味は通る。剛でも署長でも同僚刑事でも。それを霧子に与えているというのが、このヒロインの位置を意味していると思う。

 どれ。昨年冬の「ガイム&ドライブ」映画を今一度見直して見ましょうかね。あの時のドライブはどんなヒーローだったかな。


 このあと、仮面ライダードライブの円盤は「劇場版ゴースト&ドライブ」「Vシネのチェイサー」が出る。他にもイベントを収録したやつとかあるので、それもいずれ買う(`・ω・´)キリッ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1984-89a798f1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡