春画展

1510106.jpg
図版とおみやげ用に清長柄のてぬぐい

会期:2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)※前後期入れ替え制
会場:永青文庫
開館時間:9:30~20:00(月曜休館)※日曜日は18時まで
入場料:一般1500円
 


1510107.jpg


 大層混んでいるという評判なので、先週金曜の午後行って参りました。

なぜ春画?
 中世〜江戸期の春画(肉筆や木版出版)の実物の展示会というのは、あまり機会がないと思います。私も実は、実物は初めて見ます。
 今まで林美一氏の本などで、知識とカラー図版でしか知らない世界だったわけなんですが、やはり一度は実物を見ておきたい。別に春画じゃなくたって、歌麿だの北斎だの見たいというのはあるんですが、春画だけは本でしか見たことがなかった。
 なぜ春画かというと、前にも書いたけど、浮世絵師も御用絵師も例外なく春画はレパートリーとして描いてるんだそうです。むしろ春画の方が多い絵師も。春画を描いてるとき、絵師は活動停止していたわけじゃないので、えっちな絵だからて特別省く理由はない。
 コミケで薄い本を書いている人は、絵だけじゃなくて文の人も、一度見に行くといいと思います。この世の頂点がどんなものか知るために。

展示数はけっこうあって、意外に小さいので見落としてしまうかも
 会場は狭くて、作品保護のために照明も暗いです。そのうえ作品は直筆屏風絵のようなもの以外、意外に小さい。多色刷り木版画にはサイズ的な制約あったんでしょうね。だからムック本なんかで見る図版の印象よりも、実物は小さいです。
 小さいわ暗いわで見る人が展示ケースにべったりはりつくので、全然進まないし混んでる後ろからは見えないし、けっこういらいらする催しものでした(^_^;) いつまでもはりついて止って見てるヤツ、空気よめ(-_-メ)
 もし近場だったら、先に図版買って、公式からリストをダウンロードして照らし合わせて、家で予習していくといいと思います。最低でも展示リストは予習をおすすめ。あの有名なあれはこれか?意外に小さいんだな、あれ?気がつかなかったけど、これってどこにあったの?ってなったりするので(^_^;) 図版は外の特設ショップにあるので、入場しなくても買えます。(4000円)
 あと、会期中に展示の入れ替えがあるので、それも公式ページでチェック。私は実は見落としたものがあるので、もういっかい行こうかと思ってる。

永青文庫は閑静な住宅街に
 古い邸宅を美術館として改装したもののようです。広い敷地内は大きな樹木に囲まれて、東京都内とは思えない。駅からはだいぶ歩くんですが、川沿いの歩道から行くと階段をがんがん上ることになるので、それがイヤな人はバス通りの椿山荘の方から行くとゆるやかな上り坂。

関連記事はこれとか

 春画って、たしか明治以降の呼び方だっけ。それ以前は…ええと、枕絵とかかな?
 私は変体仮名が読めないので、そこは若い時にちゃんと勉強すればよかったです(^_^;)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1966-1ec0d745
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡