JUKIエクシード ドレスメイク パンダくんモデル

 結局また針を折ってしまいましたよ(-_-;)
 ふと、「この実用縫いのこれ、どんな縫い方だろうか?何か使えるかな?」と思いついて、番号選択でぴっ。バキッ☆
 なんてバカなんでしょう(-_-;)
 ミシンの針板だから誰も死んでないけど、もし私が外科医でオペ中だったら一人殺しちゃうところだったわ。よかった、ただの主婦で(-_-;)
 よくなーい(;_;) 針が折れて、衝撃は多少吸収しているかもしれないけど、針板にはかすかに傷跡など残って(-_-;)
 こんなことやっていたらいずれミシン壊れちゃう。壊れないまでも、何かズレたり歪んだりしかねない。今のところ、この小さな穴の真ん中に針がまっすぐ降りるけど、ほんとにだいじょうぶだろうな?(-_-;)

 というわけで、直線縫い針板になっているときは、絶対に他の縫いモードの変更をしない!直進縫いの1番以外を使っちゃだめ!
 変更できないように、パンダくんが液晶画面やボタンをガード。
 パンダを見るたび、思い出せ(^_^;)
1504060.jpg
か…かわええ(〃▽〃)なごむわ〜
 まだやってないけど、どっか脇あたりに小さい吸盤フックをくっつけて、ジグザグ針板に交換したときはそこへパンダくんを吊るしておく。直線針板のときは、モード選択ボタン前にパンダくんを吊るしておくのだ。
 ……これでもまだ失敗するような耄碌おばさんは、もう刃物とか針とか持たない方がいいと思います(^_^;)

フットコントローラか。手元操作か。
 私、実は手元操作派です。長年そっちでやってきました。
 理由は、冷え性なので(-_-;)テーブル作業はつらい。もうだいぶ暖かい季節だけど、それでも私の足先は氷のよう。途中で何度か休憩入れてこたつで足を温めないと、気分が悪くなったり下痢したり、作業に集中できない。
 それに、こたつや座卓テーブルでの作業だと、自分のまわりの手が届くところに材料や道具箱などが大きく広げられて、便利なのだ。
 手元操作で不便じゃないかって、布をおさえながら、指を広げるとすべてのボタンに届くから、慣れればむしろ簡単。すべての神経が手に集まっている方がやりやすいのはある。
 ただし、遅い(-_-;) 縫っている最中に速度を変えるのは完全に片手が離れてしまうので、特にスピードを上げると、ミスを誘発しやすい。安全&正確のためにとろとろと低速のまま縫ってたり。フットコントローラなら、まっすぐは爆走、カーブは超ゆっくり、で作業がすいすい進むのに。
 フットコントローラでしか操作できないミシンはどうしているかというと、それは座った状態の膝でコントローラを押さえるという、ちょっと高度な技(-_-;)でこなす。でもエクシードのフットコントローラは糸切りが作動してしまうので、膝では使えない(^_^;)
※追記。手元操作で一番危ないことは、何かミスしたときに、停止ボタンを押さないとミシンが止まらないことだ。フットコントローラは足を放せば止まる。だからフットコントローラの方が安全かなあと思う。ミスった時、あせってコントローラを踏み込むくらいにボケたら、ミシンはやめたほうがいいかもと思ってる(^_^;) 膝で踏むのも本当は危ないんだよね(^_^;)

 今、5月の連休のドルパ合わせでちょっと急ぎ縫っているところで、スケジュール的にはすでにケツに火がついている状態。やばい。そんなわけで、ブログは留守がちですいません。

 5月の予定は、また浴衣をやる。今度は人間サイズの男物を。人形服は小さくてストレス。大きいものを作りたくなった(^_^;)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1908-bb44bf54
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡