サイボーグ009

1501220.jpg

「サイボーグ009」1966年
「サイボーグ009 怪獣戦争」1967年

 レンタルで映画。今日は、最初の009アニメ。劇場版です。
 「空飛ぶ幽霊船」の方が先だと思い込んでいたけど、逆でした(^_^;) 記憶というのはあてにならないものです。

「サイボーグ009」の物語
 レーサーの島村ジョーは、レース中に事故を起こし、ブラックゴーストの基地で目覚めると、生ける兵器・サイボーグとなっていた。サイボーグの仲間たちとともに、基地を脱出して、ブラックゴーストの陰謀を阻止しようと戦う。
「サイボーグ009 怪獣戦争」の物語
 世界各地に散らばっていたサイボーグ戦士たちは、再びギルモア博士の元に集まっていた。首の長い怪獣はブラックゴーストの新兵器で、彼らの行く手をブラックゴーストの罠が待ち受ける。



 私はこれは映画館では見てないと思う。後年、TVで放送したものは何度か見てるので、初めて見たのはいつどこでなのか、記憶がごちゃごちゃになっている。
 一番はっきりしている記憶は、TVシリーズの009の放送が始まってから、小学校の給食の時間に、009のドラマレコードを放送したことである。多分朝日ソノラマのやつだと思う。劇場版と同じく太田博之の声だった。それを聞きながら、友達と「映画の009とTVの009が声が違う」「映画の方がカラーだけど、TVの009の声の方がかっこいい」という話をしたのははっきり覚えている。人生初めての声優の声の聞き分けである(^_^;)
 ちなみに、太田博之は009当時19歳くらい。デュディ・オングは16歳。だったらしい。若い役は本当に若い人が演じたのですね。
 006は藤村有弘で、これがなかなかかっこよかったです。出番もけっこう多かったし。

 ただ、私の記憶の中ではこの最初の009はびみょー、という印象だった。
 お話については、自分の記憶ではあまり印象に残るものがなかったのだが、改めて見直すと、原作の設定やお話を要約して、もしくはいいとこどりして、劇場版の尺にきっちり収めている。過不足ないまっとうな感じで、わかりやすくて良かったです。平和とか戦争とかの単語が出てくるわりには、意外に説教臭くもなく、009たちの自分目線で冒険や仲間意識を考えるようなお話になっているのだ。
 登場人物の扱いは、009、003、006、007が中心で一番目立って、出番も多く活躍する。9人もいたら全員一度に出すのはやっぱり難しいよね。だからしょうがないけど、ほかの00ナンバーの好きだった私には残念な印象だったのかもしれない。
 一番微妙なのは、キャラ絵で、これがちっとも石森じゃない。改めて見直すと、お話は全部とはいわないけど、原作をちゃんと読み込んでこの脚本になったのはわかる。でもキャラ絵はなぜ原作から離れてしまっているのだろう。石森絵も年代によって変化はあるけど、このころの009絵はわりと真似しやすい絵柄だったと思うんだよね。
 石森絵009のどこがいけなかったの?
 片目が隠れていて、髪が黒くない、長髪?が、だめだったのだろうか? 不良っぽいとかそういう生活指導的な理由で(^_^;)
 多分、そんなところだと思う(´・ω・`)
 でも、誰がそんなことを言うんだろうねえ。クレームをつけられて変更したとかならまだわかるけど。こども映画の倫理規定に髪形や服装の制約でもあったのかしらね(´・ω・`)(妄想)
 002とか他のキャラは原作通りなのに?(^_^;)
 変えてかっこよくなっていればいいんだけど、変更してよかったと思えるのは、「赤いマフラー」の主題歌と、007の悪ガキくらいかな。
1501221.jpg
 石森絵ファンにとっては、主人公の顔が違うというのは、受け入れがたい変更点である。それゆえ、私の記憶の中では微妙な作品という評価だったのだ。でも今回改めて見直して、わりと直球勝負、というのが感想だった。

 ただ、あまりに昔のことなので、もう原作のお話をちゃんと覚えていません(^_^;) この話は原作のあそこ、というのはわかるんだけど、じゃあ最後どうなったの?って、全然思い出せない。009はあんなに熟読して、尊敬する人石森章太郎だったのに。時の流れというのは恐ろしくあらがいがたいものです。今読み返したら、どこかにコニタンの声がついてるかしらね(^_^;)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1881-484623b6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡