BAD BADTZ-MARU 研究

x1.gif
ばつ丸論

1)ばつ丸プロフィール
2)ばつ丸のカラーコンセプト
3)ばつ丸は誰のものか
4)ノートで見るばつ丸グッズカラーの変遷 

1)ばつ丸プロフィール 
 4月1日生まれ。ハワイ、オアフ島出身。将来の夢・社長になること。
 パパはマフィアのボスで大金持ち

2)ばつ丸のカラーコンセプト
 サンリオキャラクターには基本色というものがある。
 例えば、キティが、もんきちが黄色、けろっぴが…のような。色がキャラクターイメージと密接に結びついている。キャラクターイメージというのは絵柄だけではない。むしろ色に依存するものである。
 この色という観点からばつ丸を見ると、ばつ丸のイメージカラーが黒であることは言うまでもない。商品も筆入れ、巾着、ノート…圧倒的に黒いものが多い。
 黒以外に使われている色は、くちばしの黄、はな丸の白。以上である。
 お友達がパンダというのもミソで、これも白と黒。その他はパンダバのスカートが赤、ペットのワニが緑である。
 実は、他のサンリオキャラを見てもわかるけれど、色数はなるべく少なく制限されている。少ない色の組み合わせがすなわちキャラクターイメージを構成しているのだ。(色数を制限する理由は、キャラクターイメージだけが目的でなく、デザインの都合もあるかも)
 黒のファンシーグッズ。ばつ丸は黒い商品である。
 黒いサンリオグッズなど、過去にあっただろうか?
 サンリオでは恐らくなかっただろうし、ファンシーグッズとしても黒は決してポピュラーとは言えない。サンリオはわざわざ黒い商品を作ったのである。
 サンリオコーナーを見てみよう。一目でわかるが、あらゆる商品の中でばつ丸だけ色が違う。他は、キティもけろっぴももん吉も、ビビッドカラーで鮮やかなのに、ばつ丸だけ真っ黒に浮いている。
 やはり、黒いサンリオ商品は異質である。元々あるサンリオのイメージから外れている。
 すると、では、つまり、ばつ丸シリーズは、やはりどんなファンを想定していたのだろうか?

3)ばつ丸は誰のもの
 実際には、ばつ丸商品は誰が買ったのだろうか?
 ばつ丸商品はデザインでは見分けが難しいが、2系統あったと思う。トドラーとヤング? ばつ丸は戦略上の二つのキャラクター性を持っていたのである。
 トドラーは男の子向け商品で、パジャマ、Tシャツなどの衣料、リュック&バッグ、弁当グッズなど、子供の生活実用品である。
 明らかに大人向けのものは携帯電話用ストラップ、コンドームなど。しかしながらキティやマイメロとは事情が違い、あまり数はなかった。ばつ丸商品の大半は文具系で、これはどちらかというと自分のお金が自由になる年齢向けということだ。
 私の考えとしては、ばつ丸の愛用者はどちらかというと若い女性だったと思う。
 トドラー商品は、それを購入するのは母親である。母親の感覚としては、黒色は幼稚園児を元気で可愛らしく見せる色ではない。元気な男の子という商品コンセプトはわかるが、幼稚園くらいの男の子の好きな色は実は赤である。(例/戦隊ヒーローの主人公は○○レッド)しかし赤やピンクは女の子の色という社会性?を身につけるのも幼稚園くらいで、実際には元気で可愛い男の子のイメージは青や黄、緑をということになるのである。一般的なママの感覚としては黒は幼児の色じゃないし、子ども本人も黒が好きかどうかは疑問だ。
 黒い衣料品がいきなり出てくるのはジュニアサイズである。(身長130cm以上)汚れが目立たないということもあるが、男らしく引き締まってオトナっぽく見えるモノトーンはジュニアの男児服である。しかし一般的に言って、この年齢の男児はサンリオグッズを喜ぶ趣味は持ちあわせていない。
 黒いばつ丸商品を男児に…という発想は、やはり多数派ではない気がする。
 ワゴンセールにかかったばつ丸の男児パジャマの山を見て、ああ、あれがオトナサイズだったら私が着られるのに…と思ったものだ(笑)
 そもそもばつ丸のキャラクター性は「元気な男の子」ではなくて、「ちょっとひねくれていて他人とはちがう自分」である。自分と向きあって「私ってこんな性格…」と考えたとき、自分はキティでもマイメロでもポチャッコでもない。目つきの悪い(笑)ばつ丸なのである。こんなことを考えるような年齢というと、それは小学校高学年以上だと思う。

4)ノートで見るばつ丸グッズカラーの変遷
 百聞は一見に如かず。ここ3年のばつ丸のカラーイメージの変遷を、代表的なグッズで見てみよう。
 ノートはグッズ類の中で、もっとも色を自由にレイアウトしやすい商品だ。インク、デザインなど自在に作れるから、キャラクターコンセプトが最も端的に表現されていると考える。
note96.jpg ←96年型。グレーの背景はばつ丸意匠の最初のバージョン? これより古いデザインを持ってないので確認できません。すいません。当時のサンリオ公式のキャラクター辞典などでの背景は、確かグレーだった。
 このころのばつ丸の紹介文は、悪ぶってるけど憎めない…という、ほんとうは悪い子じゃないんだよ~ということを強調している。

note971.jpg note972.jpg ←97年型。背景が真っ黒。手帳、巾着袋や弁当箱など、グッズ本体の色が黒い。

note981.jpg note982.jpg ←98年型。この年のばつ丸はブルーが入ってくる。これらのノートと同色のビーチサンダル、トラベルセット、巾着袋などが発売されているので、黒からブルーへとカラーコンセプトが変化したことがわかる。99年度版ダイアリー手帳もライトブルーである。
 同じばつ丸でも背景色でかなり印象が違って見える。

(1998年ごろの記事)

 追記。2014年にリバイバルで出たばつ丸グッズは、97年当時の印象の真っ黒いなグッズだった。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1874-b68ba9b7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡