スーパー歌舞伎に俺はなる!

 先頃のジャンフェスで第一報が。
 「ワンピース」を歌舞伎化。猿之助のスーパー歌舞伎ll(セカンド)で。来年2015年10月11月、新橋演舞場で。

エエエエエ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!

 第一次感想は、正直こんな感じかな?(私はまたお金使っちゃうの?(^_^;)的なかんじで)
 私はこの第一報を、Twitterで知った。
 猿之助様が「空ヲ」のころ、次に温めている企画もあるみたいなことを言っていた、それはこのことだったのね。
 うん、だがしかし、少年ジャンプとスーパー歌舞伎の食い合わせは……よく考えると悪くはないと思う(^_^;)

スーパー歌舞伎とは何か
 スーパー歌舞伎の初演は1986年。30年前は歌舞伎にとっては最近のことだ。三代目猿之助が始めたもので、内容はその実、前衛的ではない。古典的で意味がわかりにくくなっている歌舞伎を現代語訳にした、くらいの感じ。せりふは現代語といっても時代劇くらいの古風さはある。音楽とか衣装とかは、現代の楽器も素材も使う。たとえば八犬伝、これは古典歌舞伎にもあるタイトルだが、これがスーパー歌舞伎になると光源を使って八つの玉を光らせたり、合成繊維の衣装や光ファイバーなど現代の舞台美術を駆使し、もちろんスモーク使ったりもできる。つまり江戸歌舞伎を作った人たちがもし現代で歌舞伎を作ったら、持てる技術を駆使してこんな舞台を作っただろう。それがスーパー歌舞伎なのだ。
 ちなみに宙乗り、早変わり、屋台崩し、などは古典歌舞伎の手法で、スーパー歌舞伎の専売特許ではない。
 スーパー歌舞伎 ll(セカンド)は四代目猿之助の新作。前作「空ヲ刻ム者」は2014年とまだ始まったばかりで、評価はわからない。しかし次回作が「ワンピース」ということは、古典じゃないものを歌舞伎にする試みなのかも??

ワンピースとは
 私は連載開始当時は読んでて、鉄拳2の対戦をやりながらワンピースの話をしたのを覚えているので(^_^;)、1996年ごろ?「今年の漫画賞、ワンピースが取れないのはおかしいよな!」みたいなことを言っていた気がする。
 私はこの作品をすごい好きかといわれたら、それはちょっと違う(^_^;) 最近のジャンプって画面が白いよな(^_^;)とか思うようになった頃に始まった作品で、私的にはストライクゾーンからだいぶずれている作品なのだ。だが、これが面白い作品なのはわかる。何しろワンピ絵が好みに合わなくてちっとも魅力的に思えないのに、それでも面白いと思えるのである。
 私はアラバスタあたりまではちゃんと読んだような気がするんだけど、連載長いし、好きなキャラもいないし、その後離脱してしまった。実は原作はまだ連載しているのである(^_^;)
 今から原作の予習するの大変だな…
 そこでコーエーの「海賊無双3」ですよ(^_^;) ストーリーモードがあるらしいので、これで予習します。

歌舞伎でできること、できないこと
 お話や題材については、歌舞伎にやれないことはない。海も船も怪獣も出てくる話なんて、歌舞伎にいくらでもある。今日の特撮や変身ヒーローの元祖は、そもそも歌舞伎である。だから少年ジャンプ的なノリは歌舞伎には合ってる、格好の題材でありテーマでもあるはずなのだ。少年ジャンプからすると、先祖返りのようなものだ。
 しかし、歌舞伎にできないこともあることはある。
 多分、女優を舞台に出せない。それをやると普通の芝居と同じになってしまうので、多分スーパー歌舞伎セカンドも女優は出られないと思う。じゃあ、肌の露出の多いワンピの女キャラの衣装はどうするのだろうか? あれは原作通り再現できないぞ。
 そもそも、マンガのキャラクターは、ちらっとシルエットを見ただけで誰なのかわかるように設計されている。作品中ずーっと着たきり雀なのは、衣装や髪形がキャラクター性を表現しているからなのだ。だから髪形や衣装が変わるのは、キャラクターの内面が変わることに等しく、おいそれとは衣装を変えられない。だから着たきり雀なのだ。
 というわけで、原作においてそれぞれ特徴的な衣装を着せているワンピキャラだが、歌舞伎化にあたってそれはどうしても変更しなければならない。歌舞伎の男優は肌脱ぎとか下帯一丁になるのはあり。でも女形は脱げない。そこはどうするのか気になるな。女キャラだけ変わるのも変だから、他のキャラも統一感持たせて、みんな和装になるのかな?
 そもそもなんで歌舞伎に話がきたのか?そこは謎だよね。
 ワンピくらいのビッグタイトルなら、うちで舞台化したいだの映画化したいだの、オファーはいくらでもあると思う。しかし子供向けコンテンツではなくて、大きいお友達向けに歌舞伎スタイルとか、よく話が通ったなあと思う。この企画は、松竹と猿之助にとっては、既存の歌舞伎ファン以外から劇場にお客を呼ぶ、遠大な計画なのかもしれない気がしてきた。ワンピースが好きなヤツが歌舞伎ファンになるかはわからない。でも劇場にとりあえず一度は来させる、ということが大事なのよね。かく申す私も、スーパー歌舞伎を初めて見るまでは、歌舞伎ってどこでやってるのか知らなかったもんね(^_^;) 新橋と歌舞伎座はすぐ近くで、ああここにくればいつでもやってるのね、って知ったからね。
 
ところで配役は???
 ルフィは猿之助は確定だろな。ルフィが一番難しい役だと思う。だからルフィは猿之助がやるしかないのだ。
 他のキャストはどうなるんだろう? 上演が1年後ということは、メインの何人かはもう確定しているはず。オモダカのレギュラーメンバーだけでいくのか? いや、話題性を考えると客演もあるよな?歌舞伎から呼ぶのか?それとも外部の俳優? ていうか、みんな出たいよな。キャストなどは春ごろ発表らしいです。
 団子は出るよね。チョッパーを着ぐるみで出たらと最強だと思うんだな。中車も出る?
 ワンピの歌舞伎グッズがロビーで販売されるのだろうか。わくわくするのう。

 今年はだいぶ猿之助様に貢いでしまったので、来年は自重するはずが、来年もがっつりいかせてもらうことになりそうです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1857-f21b1eaf
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡