トートバッグを補修するぞ

きゃああああああああ(>_<)
1410010.jpg
 このトートバッグは、3年くらい前?に通販で安売りしていたお買い得品。外側は牛革なのは見てわかるんだけど、不良在庫なのか(^_^;)、3000円くらいだった。その時点で内側の合成皮革?部分が経年劣化していたのね。去年くらいからボロボロ崩れてきて、もう使えません。
 でも本体牛革部分は全然傷んでないのに、このまま捨ててしまうのはもったいない。
 特別お気に入りバッグというほどではないんだけど、でもでもこのサイズ(B4が入る)の大型トートバッグで革製って、なかなかない。
 じゃあ、自分で補修しようか。どうせ捨てる運命なのだから、トートバッグって普段使うものなんだから、素人補修だっていいじゃない。



1410011.jpg
 ↑バッグの口周囲の縫い目の糸を切ってほどいて、中袋部分を取り出す。
 ぼろぼろになっている合皮部分は、袋部分からほどいて取り外して捨てる。布製の中袋部分は、ポケットなどがついているので、そのまま使う。作り直すのも面倒だし(^_^;)

 ↓合皮の代わりの布を、元の袋と縫い合わせる。
1410012.jpg
 なぜギンガムチェック? たまたまそのへんにあったので(^_^;) 裏に芯を貼ってます。
 ↑↓ついでにフックとか何かひっかける用に、リボンをはさんだりして。
1410013.jpg
↑傘が通るサイズ。ペットボトルは首部分をひっかける。

 ↓中袋をバッグに戻して、クリップで押える。
1410014.jpg
 買っておいてよかった。ソーイングクリップ、大活躍。

 ↓ぬいつける?(-_-;)無理。
1410015.jpg
 皮を縫うとか、JUKIエクシードでは無理だと思う。実際押えの隙間に入るぎりぎりの厚さ。本体皮革が薄いので、かろうじて入ったんだけど……
 でもでも、万が一にもミシン壊したくないので、モーターでは針を動かさない。テドウ。弾み車を手で回しながら(-_-;)一針ずつ慎重に進めて縫った。最初は手縫い(最悪接着剤で)のつもりだったのだけど、時間かかりそうで、エクシードにがんばってもらった。正直、おすすめの方法ではない。
 一度カバン製造の過程でミシン針が通っている穴があるので、針が通りにくい箇所はそこを探しながら前後前後して、縫い進めた。
 でも皮が重なって厚くなっているところとかあって、絶対無理、という箇所が2箇所だけあった。そこの手前で逆に縫って縫い止めて(返しミシン的な)、縫い残した。
 ↓クリップが残っているところが、ミシンの押えが乗越えられない高さだったところ。縫い残してある。
1410016.jpg
 そこは手縫いで(-_-;) あまり目立たないので、けっこう適当(^_^;) カバンの縫い方なんか知らないし。
 ちなみに、糸は普通のミシン糸。針は短いメリケン針とかかいてあるやつ。

 ↓完成。意外にうまくできた。カバンがなんだか生き返ったよう。ごわっと見た目おおざっぱなバッグが、ちょっとかわいい印象に。
1410018.jpg
 アップでじっくり見なければ、素人作業とはわからないぞ(^_^;)
↓中はこんなかんじに。パンダくんは中に吊るします。
1410017.jpg

追記。最近、また通販でカバンかったんだけど、牛革なのに見た目からしてやすっぽくてがっかりだった。やっぱりカバンは現物を見て買わなくちゃだめね。
それにくらべると、この黒いのは皮の光沢もきれいだし、ほんとにラッキーに遭遇したなと思います。これからも愛用するわ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1833-0288c986
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡