浴衣をつくる(`・ω・´)

 本読み返して予習中。
 浴衣は、学生のころ2回くらい母親に手伝ってもらって自由研究で作ったことがある。ので、実際にはよくわかってないまま縫った。
 一番最近は10年くらい前に作ったけど、途中から母親に手伝ってもらってやった(^_^;) 襟や袖つけなど、ちょっとしたところがわからない。で、どうやったか全然覚えてない……
 今度は最後まで自分で作るぞ(^_^;)

 ↓教科書はこれ。
和のふだん着―ゆかた、甚平、作務衣の縫い方をわかりやすく和のふだん着―ゆかた、甚平、作務衣の縫い方をわかりやすく
(1999/05)
不明

商品詳細を見る
 この本はまだ売ってるのかしら。10年くらい前に買った本。イラストが非常にわかりやすくて、これをみてると自分でも簡単に作れそうな気がしてくる。
 こんなような本を2〜3冊読めば、解説の意味がわかってくる。
 ↓この本はもっとくわしい作り方解説がのってる。
新きもの作り方全書新きもの作り方全書
(1972/04)
大塚 末子

商品詳細を見る

 この本は数年前に、ドール用の浴衣とか作ってる時買いました(^_^;) きものの襦袢の作り方がまったくわからなくて(だって男物なんか見たこともないし(^_^;))、この本を見て作りました。今度は人間用の浴衣を縫うために勉強させていただきます。
 今度の目標は、最後まで自分で作る! できたのをお母ちゃんに見てもらう(^_^;)

 昔は、こんな和裁の本なんてなかった時代は、いちいち本で調べなくてもみんな自分で縫えたんですよね。浴衣くらいは自信もって作れるようになりたいわ。若い時にもっと勉強しておけばよかったのか。
 この記事は、浴衣完成まで続きます。つづく。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1800-5f404ff8
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡