エプロン 作ってみる

 夏のおうち服としてジャンスカとかエプロンドレスのようなものを、今から作ろうと思います。
 そのくらいのものは自分で作らないと、専業主婦の面子を失うような気がする(^_^;) ……というより、実は死蔵してるハギレがけっこういっぱいあって、それを消化しなくちゃ(^_^;)という目的もある。
 人間の服(着るのが目的の物)をしばらく作ってないので、ちょっと自信がない。3作くらいは失敗作が続くと考えて(^_^;)、失敗しても使えるブツということで、まずはエプロンあたりから。
 実は私、エプロン作るのって、小学校の家庭科以来です。エプロンて、色やデザインにこだわらなければ、そこらのスーパーにぶらさがっているので間に合いますもんね。意外に安かったり(^_^;)

1406100.jpg
 ここに、家捜しして発掘してきたのは、ちょっと使い道がなさそうな生地。だいたいどれも2m。
 なんでこんなに備蓄してあるのかよくわからないのですが(^_^;) ドールのドレスを作りまくっていたころ、生地屋さんで使えそうなのをぱぱぱっと買い集めて、結局使わなかったんだと思います。あるいはオークションでハギレの箱買いしたし、服飾関連におつとめしてる友人からも何かもらったなあ。今となっては、何を作ろうと思ってのかしら(^_^;)とか思ったり。人形用の服を作るつもりだったので、どれも2mなんて半端な量だし。人間の服を作るのには微妙な長さなので、エプロンも果たして作れるかどうか……

 好みから外れるような微妙な色や柄の生地なので、どんなエプロンになるのかさっぱりイメージがわかない。色や柄はなんでもいいつもりでも、そもそも2mしかない布で足りるのかどうかわからないし…
 そこで、まずは型紙を作ってみる。
 型紙作ってを実際に布の上に並べてみて、足りるか足りないか判断するしかない。それで本の中から作ってみたいデザインを5種類くらい選んで、型紙を作った。


 お裁縫の本に製図が載っていて、自分で書き起こす。実物大型紙がついていて、それを透かして書き写すのもある。
 エプロンは意外に型紙が大きいので、いろいろと手間でした。
1406102.jpg
↑用紙は、家にいくらでもあるA4コピー用紙。メンディングテープで何枚もはりあわせながら面積を確保。実物大型紙をトレースして作るの時もこれで。写真は本を見ながら製図してる。エプロンだから簡単。
↓家にある大きな紙というと新聞紙も。
1406101.jpg
 エプロンだから、まあだいたいでいいかな。
 生地の探索から、型紙まで、2日かかった(^_^;) つづく。

↓使用した本
エプロンの本―暮らしを楽しむ30のスタイルエプロンの本―暮らしを楽しむ30のスタイル
(1999/12)
茅木 真知子

商品詳細を見る
エプロン作りの基礎ノート―エプロンくらいは作ってみたいエプロン作りの基礎ノート―エプロンくらいは作ってみたい
(2002/10)
しかのるーむ

商品詳細を見る

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1787-b4057e4c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡