ロックミシン ジューキ「KURAI・MUKI」KM504

 昨年のことですが、ロックミシンを買いました。
 この歳になって今更こんなもの買ってどうしようっていうんでしょうか(^_^;)(早くお嫁さんとか来ないかしらね。そしたらいくらでも使ってもらえるのに……)
 クライムキモデルのやつですが、本体そのものはジューキ「衣縫人」だそうです。メイドインジャパンです。
1403150.jpg
↑想像してたよりもコンパクト
↓でも奥行きはけっこうある
1403151.jpg

 うちにあるミシンは(いずれ個別に紹介しますが(^_^;))
・お嫁に来る時もってきたブラザーの家庭用電動ミシン。(30年前の日本製。鋳物ボディや金属部品で超重い)
・ブラザーのコンパクトミシン(10年ほど前に購入。ボビンが水平釜)
・ロイヤルの超コンパクトロックミシン(10年ほど前に購入。端処理しかできません(^_^;))
と3台あるのですが、最近の使用頻度はコンパクトタイプの2つ。
 えーと、今冷静に振り返ると、何を突然思いついたのか忘れちゃってるんですが、本格的にがっつりとロックミシンに挑戦しようと思ったんです。ロイヤルの超コンパクトなロックミシンは、端処理さえできればいいと思って買ったもので、今にして思えば、あの時ちゃんとしたものを買えばよかったのですね(^_^;)
 それでロックミシンのメーカーや機種は何がいいのか?実際に使っている人はどうしているのか?個人様のブログなんかを回っていろいろ拝見しました。
 その時の印象から、ジューキの「衣縫人」か「糸取物語」が候補に上がってきて、下糸のエアスルー機能に注目。でも高い商品なので購入には勇気が要りますね。
 ミシンは長く使うものなので、これからお嫁に行く人お嫁に来たばかりの若い人は、新品を買えばいいと思います。でも私は残り人生少ないですから、ケチって中古品を探しました。
 ヤフオクでけっこう長く張り込んで(^_^;)地味に待ちましたよ。お買い得物件が出るのを。
 私の買ったクライムキモデル「衣縫人」は、店頭展示品だったという中古です。実質新品。付属品などは未開封。出品者はリサイクルショップの業者さんでした。値段は同製品のネットで新品の半額くらいでした。
 オークションで中古ハードを購入するのは、正直リスクが高いと思います。状態が想像できないものはオークションで買うべきじゃないと思う。今回は展示品中古ということで、決断したわけなんです。

 感想。もっと早く買えばよかった。
 ロックミシンは糸3本とか4本で動作する、複雑な構造なのですが……「衣縫人」搭載のエアスルー機能(自動糸通し)がすごい。糸通しがあっけないくらい簡単。こんな風になってるんだ……。すごーい。超簡単(>_<) 今まで私が端処理に使っていたコンパクトロックミシンでの苦労は、あれはなんだったのだ(^_^;)←糸替えの時の糸通しはピンセットとか必要だったりで超面倒くさいものだったのです………そんなマシンはもう過去の遺物なんですね……
 それと、やっぱ大きいちゃんとしたミシンはいいですね(〃▽〃) 音とか振動とか針の動きのなめらかさとか、安定感があるですよね。
 ほんとに、もっと早くに買えばよかった。ロックミシンて、こんなに面白く便利で高性能だったんだ!

 ただ、ロックミシン購入でひとつ落とし穴にはまりました。
 普通の家庭用ミシン+ロックミシンが揃って、これでどんなものでも縫えるかといえば、実はまだこの先があったのでした。
 Tシャツの裾を見てください。表は二本線/裏はジグザグ になってると思います。これはカバーステッチとか呼ばれて、これ専用の機能を持ったロックミシンでないとできないことなのです。ぶっちゃけ、衣縫人とか糸取物語ではできない。私がそれを理解したのは衣縫人買った後(^_^;)
 既製品のようなことをやろうと思うと、それ相応のハードルがあるということなのです。
 ニットものについては、はっきりいって自分で作るよりも買った方が安いし早いです(^_^;)

 ロックミシンがあれば何でも作れるかというと、それはちょっと違うと思います。ロックミシンだけで作れる服もあるけど、結局普通のミシンも使うことになるので、買う順番としては普通のミシンが先。ロックミシンを買うのは、普通のミシンだけでは物足りない、どうしてもロックミシンという物を使いたい、という人だけです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1758-272a6626
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡