無双OROCHI 2 Ultimate その4戦国無双4でまた会いましょう

 第8章エンディングを見ました。
 よ…ようやく終ったので感想。

 年内に終っているはずが(^_^;)、自分がまず11月に寝込んで……12月上旬から家族が病院の世話になり……で、年末年始をゲームやってすごす計画は頓挫(^_^;) 正月明けにまず無双OROCHI2に取り組みました。
 前のこの記事では、第4章のエンディング分岐でてこずっていました。第4章のエンディングは3つくらいあって、すべての味方武将を集めるなどの条件を満たした真エンディングというのがあって、味方武将を回収して回るのがちょっと苦労しました。
 第4章まではヤマタノオロチのような怪獣とOROCHIが敵でしたが、5〜8章は違う敵が設定されていて、OROCHIシリーズ得々の世界観のお話だった。
 さて、感想です。
<良かったところ>
・コニタンボイスキャラでゲーム。
・面倒だと思った武将集めや、序盤の使えるキャラクターの制限も、今となっては面白かったと思う。
<いまいちだったところ>
・第4章以降のお話は興味深くもあり、しかし退屈でもあり……
・どのステージをやってもやることは同じなので、途中から辛かった(-_-) コニタンボイスのキャラがいなかったら最後までやれなかっただろう。
<その他ちょっと思ったことなど>
・三國無双の変な衣装の人たち
・仙界ってなに?

 コーエーの無双シリーズは、アクションバトルゲームである。しかし操作は簡単で、難易度もけっこう平易なので、誰でも遊べる。途中のどこで中断しても、再開するとき操作やお話を忘れていてもだいじょうぶ(^_^;) いつでも、やりたい時にちょっとだけ遊ぶとかもあり。非常にお手軽なゲームなのだ。
 ただ私は、今まで買った無双のゲームで全モードやりたおしたタイトルはない(^_^;) 戦国無双2と2エンパイアはメインシナリオはかなりやりこんだけど、武器集めなどはまったくやってない。戦国3では前田利家だけカンストしてしまいましたよ(^_^;)
 今回無双OROCHI2もストリーモードだけクリアして終る。
 結局どのステージに行っても、同じ作業の繰り返しなので、ストーリーのエンディング見るころには飽きちゃうのね私(^_^;) それに、そもそもコニタンファンということでプレイしたので、前田利家と酒呑童子のレベルだけがばんばんに上がってしまい(^_^;)、ほとんどチートプレイ。ゲームバランスを保つために他のキャラも育てようとは一度は思ったけど、結局作業性に飽きてしまったので、コニタンボイスキャラなら飽きないで続行できるだろうと、そんなわけで前田利家、酒呑童子、でがんがん進めました。ほんと、コニタンいなかったら途中で投げてました。使用キャラもう一枠は、檜山修之キャラ、緑川光キャラ、でした。つまりところ声ゲーでした(^_^;)

 無双OROCHIは三國無双がベースになってて、後発の戦国無双はこのゲームではゲストだ、また無双OROCHIだけの登場キャラクターや世界観もあって、今回のOROCHI2でいろいろな設定やキャラクターが付加されていて、いろいろと初見初聞きの新鮮なものが多かった。
 三國無双は、実は私はほとんやってないのでよく知らないゲーム。だからほとんどのキャラを実はよく知らないので、「よお!」と親しげに出てくるたびに「この人誰だろう?」(^_^;)と思いながらやっていた。三国は非常に登場キャラが多く、今でも増え続けているので、国ごとに色分けされているのはわかりやすくていいと思う。また何度も衣装デザインをチェンジしている都合、いったいこれは何の服なのか?(^_^;)という衣装が多い。しかも、聖闘士星矢の衣装みたいなキャラもいれば、古風でいかにも三国志的中華衣装のキャラもいる。曹操や孫権は一国の王になった人であるから、髷のついた伝統服でないとらしく見えない(^_^;)という制約はあるかと思う。じゃあ太史慈とか黄忠とかずっと中華ヘルメットなどで三国志っぽい外見のキャラと、国籍不明のファンタジー衣装のキャラの違いはなんなのだろう?
 また今回のシリーズ明らかになった仙界設定。仙界ってなんだ???ドラゴンボールでいうところの、カリンさまとかピッコロみたいなものか? こういう世界観は戦国無双にはないものなので、なかなかそこも新鮮だったかも。

 ゲームシステム的には、キャラクターレベルの上限100が、9回転生できる仕組みになっていて、普通に遊んでいた私でも8章までにコニタンキャラは一度転生、武器もMAXになってしまいました。いつまでも無双で遊んでいたい人向けのモードも充実しているので、さらに強く、武器探しの旅へと、長く遊べるゲームではある。でももうすぐ三国や戦国の次が出ますけど。
 私は次は戦国4です。戦国4はだいぶ様変わりするようなので、心静かに発売を待ちます。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1742-e97be714
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡