新装版 ハートの国のアリス その3

「ハートの国のアリス」と私
 私がこのゲームタイトルを知ったのは、もちろんコニタンファンになってからだ。2008年初頭にいきなり小西ファンになってしまって、出演作を検索していて見つけた。PC版だった。ただ優先順位として(1)BLCD。(2)アニメ。(3)BLゲーム。(4)ゲーム一般作。で乙女ゲーはさらにその下だった(^_^;) なので実際に手を出すに当たってPS2の「アラロス」「エーデルブルーメ」と2つやって、乙女ゲーは趣味合わんわ(^_^;)とさらに後回しになり、結局「ハートの国のアリス」を手にしたのはPSP版が出てからだった。
 期待を持って始めたものの、さっぱりやり方がわからなくて1周してすぐ投げたのは、前にも書いたとおりである。
 そのあと劇場版アニメがあり、動くブラッドにけっこう感動はした。ゲームでのコンニャク問答しか聞いてなかったので、普通のセリフをいってるブラッドがとてもかっこ良かった。(正確には声が!かもしれない(^_^;))
 クインロゼは「アリス」シリーズをその後も続々とリリースしていたのだけど、最初のハートの国でつまずいたので、その後も一切手が出なかった。

 コニタンの話からちょっと離れるんですが、最初に「ハートの国のアリス」を検索で見知った時の印象は、インターネットで見たOPムービーとかキャラ絵だったけど、その第一印象は「かっこいい」でした。
 つまりキャラデザのことなんですが、PC→PS2/PSP時点でのキャラ絵はこんな感じです。
1311041.jpg
 PSPでも「立ち絵」といわれるやつにはこの絵が使われていた。かっこいいと思ったのはこれ。私はこのブラッドの衣装に一目惚れしたのだった。横に広がってふくらんでいる袖と襟の形が素敵。お花を飾った帽子も素敵。
 私はPC版はまったく知らないのですが、PSP版ではイベントスチルはこの絵ではなかった。パッケージもPCとPS2以降は絵が違う。ブラッドの独特で古風なジャケットデザインは、結局継承されてないです。今は全然違う服になっています。タイも素材からして違うようです。そこは残念です。
↓新装版ブラッド
1311040.jpg
 女王様とか他のキャラの衣装も微妙に違うんです。
 ゲームキャラにとって、衣装ってすごく大事。アニメやマンガだと、TPOに合わせて服や髪形を変えたりするけど、ゲームは同じキャラ絵を使い回す都合、ずーっと同じ服を着ていることになる。つまりゲームキャラクターにとって、個性の表現とはほとんど外見なのだ。見た目の第一印象がキャラクターのすべてといってもいい。素敵な衣装を着ている、すなわちそれは素敵なキャラなのです。
 あと、PSP版はどうだったか全然覚えてないけど、当時キャッチコピーは「銃弾飛び交う」だったかと。それでキャラ紹介がブラッドはマフィアのボス、門番は血まみれツインズだから、もっとこう殺伐とした内容を想像していた(^_^;) 例えば、ヒロインが登場人物から命からがら逃げ回ったり、加勢したりしながら、二丁拳銃でバンバンやるような(^_^;) でも実際のゲームはくうねるあそぶの繰り返しなので、けっこうがっかりしたような気がします(^_^;)
 じゃあなんで買ったんだよって、そりゃコニタンが最初に紹介されるキャラのゲームですよ。一度はやらなくちゃね。

 とりあえずブラッドのエンディングが見られたので、数年越しの(^_^;)目的はこれで遂げることができました。周回プレイは他にも積みゲーがあるので、時間ないからやりません。あとで攻略サイト見ながら、ブラッドだけはイベントは全部回収しようと思います。それとうちのスーパードルフィーにブラッドの衣装とか作りたいな、と思います。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1732-712fdc64
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡