バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

新装版 ハートの国のアリス

2013年11月01日
↑小西克幸/ゲーム 0
新装版 ハートの国のアリス新装版 ハートの国のアリス
(2013/10/31)
Sony PSP

商品詳細を見る


 開封(^_^;)
 まだやってないの終ってないのいっぱいあるのに、とりあえず開封して起動。
 「ハートの国のアリス」は2007年にPC用に発売したのが最初のタイトル。その後、PS2、PSPに移植され、シリーズ作品も「クローバー」「ダイヤ」などなど多数展開。コミックや小説も数多く出ていて、劇場版アニメもつくられた。
 「新装版ハートの国のアリス」は、発売中のPSP「ハートの国のアリス」やアニバーサリー版などと何が違うかというと、新装版は乙女ゲーの一般的な【テキスト+選択肢】で物語を読んでいくタイプのゲーム。今まではどんなだったかというと、プレイヤーの選択は場所と時間の選択でイベントが発生……するのかな?私はやり方がよくわからなくて一周やって投げました(^_^;)つまりエンディングはひとつしか見てない。攻略サイト見ても何をすればいいのか全然わからなかった。でも今度のはお話を普通に読んでいけばいいはず……たぶん。

 今、長い長い前振りがようやく終って、オープニングムービーをようやく見て、帽子屋屋敷の門前でもめているところです(^_^;) ようやくブラッドに会えたわ。ここまで、選択肢はまだ2つしか触ってないけど、このあとどうなるんだろう?
 第一次感想。
・男どもは口数が多くて、そのうえ話が長い。
・ヒロインも話が長い。
・ヒロインにも声があった方がいいと思うわ。


 元々このゲーム、キャラクターの長ったらしい自分語りからして趣味に合わないと思っていた。特にアリスの自分アピール的な。なぜ嫌かというと、内容以前に会話のやりとりのリズムを崩すからかなと、さっき思った。また当然会話の文脈から推してわかることを、わざわざ途中で説明している入れてくる地の文章も、フルボイスなので声優の演技である程度状況や心理を説明できてるので、それをもう一度テキストで確認させられるのもなんだか面倒。でもそういうのは総てのテキスト読むタイプのゲームで言えることだ。
 一番私がこのゲームが口に合わないのは、口数の多い男どもだな。基本、会話で進行していくのだから当たり前だけど、何言ってるのか意味のわからない、わからないかみあってないことを承知で言いたいことを言いっぱなしのところとか(^_^;) 私、口数の多い男って大っきらい。……でも女の気を引こうとすると、いつもより余分にしゃべろうとするのは、男としてまっとうな行動かもしれない。
 声優ボイスが目的じゃなかったら、またこのゲームは買うことはなかったです、わし。今度こそエンディング見られるものと期待して(^_^;)最後までやれると思います。アニメも結末とかなかったし(^_^;) エンディングを見て、感想をちゃんと書けるはず。つづく。

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません