あまちゃん

 松田龍平さんが出演するというので、登場するのは途中かららしいんだけど、話がわからないとあれだから最初から見ておくかと思って録画かけておいた。テレビドラマ見る習慣がないので(^_^;)2週ほどためこんでしまったところで見るのが億劫になって、見ないで消してしまおうかと思ったが、せめて登場人物だけでも把握しようと思って、最新回を見た。
 じぇじぇじぇ。おもしろいでねーか。
 それもそのはず。序盤はヒロインの新人俳優はうろうろしているだけでセリフもあまりなく、村の海女役のベテラン女優の大盤振る舞いなのだった。画面がおばさんばっかりのわりには引き込まれて見てしまった。
 というわけで、毎日見ています(^_^;)
 今は秋になって地元高校に通うようになり、アキちゃんのお友達ユイちゃん、憧れの先輩フォーゼくんも出てきて……。蟹江敬三の無駄遣いにはなからなかったが、いや、でも、現役の遠洋漁業の漁師ならこのあとまたいなくなるのかなあ。

 このドラマのおもしろいところは、ヒロインの多重構造にあると思う。高校生のヒロインには16年の人生しかないから人物に裏も表もない。だけどその母親、さらに祖母の視点やドラマもヒロインに重なっていて、多分このドラマを毎日見ているであろう世代の女性が、どこかに共感できるようになってるのだ。母親はヒロインの真逆にある人物で、この間の放送ではむしろユイちゃんがアキママの相似形のように見えた。もしかしたらユイが行こうとしている道は昔アキママも通った道なのだろうか。
 今思ったけど、ナツばあちゃんの過去はあまりよくわからない。このドラマってナレーションはナツなので、ヒロインはアキではあるけど、本当の主役?つまり物語の視点はナツにあるってことなのかな。
 こんなおもしろいドラマに出られるなんて、龍平さんはほんとに作品に恵まれてるな。つづく。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1669-973eb063
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡