こんぴら歌舞伎に行ってきた 四国一人旅(その5)善通寺 JRの旅まとめ

 こんぴら歌舞伎の旅記録最終回。
 こんぴら歌舞伎午前の部が終り、預けた荷物をとら丸旅館に取りに戻って、そしたら駅まで送ってもらった。この時午後3時くらいだったかと思う。駅についてみると、わりとすぐに普通電車が来るので、善通寺に寄ることにする。
 善通寺は琴平のすぐ隣の駅。元々候補には入れていて、ちょっとお参りくらいできる時間はあるだろう、と思い立つ。せっかくだから拝んで帰ろう。

 善通寺駅で、コインロッカーに荷物を預ける。え〜少ししかないコインロッカー。誰も使ってない。全部空いてる……
 善通寺は駅からタクシーで。こんぴら様のような山の中?を想像していたら、ずばり平地!
↓タクシー降りた所。門の外から。
1304162.jpg


 広々とした境内に、重要文化財の金堂や棟が立ち並ぶ、堂々としたお寺。四国四十八ヶ所めぐりの方が次々やってきて、お坊様が一緒にお経唱えて、堂内を案内しておられました。
 重要文化財てことは、江戸時代くらいの建物なのかな?
 金堂には大きな薬師如来。すぐ近くで拝めます。お寺は仏様がいて、そこが落ち着きますね。

 予習を怠って(-_-;)、何がどうなのかわからないままとりあえずぐるーっと見て、自分用お土産のお地蔵さんと錫杖型のストラップ買ってきただけなのですが、お寺の縁起や建物については善通寺のホームページに、見やすく、くわしく載ってます。
http://www.zentsuji.com/
 写真も現物見た印象にすごく近い。野球ができそうなくらいひろい境内なので広角レンズじゃなくても、ふつうのカメラできれいに撮れます。
 さて帰り道はどうすれば???(^_^;)と、最初にタクシーおりた場所に戻る。するとタクシーの御用命はという看板があったので、そこにあったタクシーの電話番号適当にかけて来てもらうことに。すると5分くらいですぐやってきて、駅まで行ってもらいました。行きと同じく、ふつうに600円だったです。

 善通寺駅に戻り、さあ帰るか。この時4時20分ごろ。岡山行きの特急は……4時49分。え〜……
 しまった(^_^;) 慌てて善通寺をダッシュで回ることなかったのね。駅についた時、時刻表確認しておかなければいけなかった。なんか首都圏の感覚で駅につけば10分もしないうちにすぐ次が来るとか思ってた(^_^;)ばかばか。駅前に喫茶店とかないみたいだし、駅構内兼待合室のベンチでぼーっとすごす(^_^;)
 出発前に私が購入したJRの切符は、
(行き)乗車券。新幹線指定席。岡山琴平の特急指定席。
(帰り)乗車券。新幹線自由席。岡山琴平の特急自由席。
だった。帰りは時間がわからないので、自由席をとりあえず買っておいた。
 善通寺駅窓口で自由席を指定席に変更してもらった。全然知らない電車だから、平日の夕方は座れるくらいすいてるのか?状況がわからない、空席探して荷物もってうろうろするのもいや。
 ↓瀬戸大橋を渡って、岡山〜高知を結ぶ特急電車はこれ。「南風○号」
1304163.jpg
 この写真は行きの岡山で撮ったもの。3両編成で、自由席と指定席が半々です。つまり2両目が途中まで自由席という。行きも帰りも隣に誰も乗ってこなかったので、食事とか気兼ねなくしました。
 岡山駅の緑の窓口で、自由席を指定席に。新幹線は本数多いので、次々来ますね。のぞみ東京行きもすぐ来ました。けっこう混んでました。
 新横浜で乗り換え。ホームに降りてほどなく来た。乗り継ぎのよいのが首都圏の鉄道のよいところ。がしかし、先頭車両からずらずらと超長い。先頭から最後尾が見えないくらい長くて、しかも先頭から最後尾まで満員なのを見たときはクラクラしました。人大杉(-_-;)
 自宅にたどりついた時、午後10時くらいだった。

 こんぴら歌舞伎が目的の旅でしたが、いろいろ欲張って観光もして、楽しく無事に行って参りました。
 感想。
(1)四国の印象は。人が少ない。快適。ごはんも安くてうまい。
(2)神社仏閣がやたら多い印象。人口比で考えるとかなり多いのではないか。これは古代から開けていた証拠だと思う。
(3)こんぴら歌舞伎については、江戸時代の豊かさを見る思いがした。建物も大きくて立派だし、これを作ったのは誰なのか、って、公式ページ見ても「建てられた」って、主語がない。常識的に言って高松藩が金出すはずもなし、町人たち町ぐるみで作ったのだろうか。あるいはこの地域を仕切る興行主か。こういうのってお金があればできるとかいうものじゃないのね。設計施工、建材の調達、定期的に役者を呼ぶつてはあるのか。物と金の上に人の意志がないと物事は動かないものなのだ。江戸にも大阪にも、もっと大きい芝居小屋がいくつもあったんだろうと思うと、やっぱり人間のやることは昔も今もあまり違わない(^_^;)と思いました。
(4)猿之助様が飛んでるのを近くで見られて良かった。今年はもうこれで歌舞伎見物は打ち止めかな(^_^;) もう金ないから。
(終)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1657-5321b1e9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡