マネーボール

マネーボール [Blu-ray]マネーボール [Blu-ray]
(2012/03/21)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他

商品詳細を見る

 経営者の論理☆☆☆
 プロ野球☆☆☆☆
 実話☆☆☆☆☆
 
 今度こそ野球映画。
 これ、映画館で予告編見た覚えがある。結局映画館では見なかったのは、私は別にブラピのファンではないし、ジャケ絵がジャケット姿のブラピなのからもわかるように、野球選手にスポットが当たった映画ではないから、どうしても見たいと思わなかったんだと思う。

 お話。ブラピはオークランド・アスレチックスのGM。主力選手を金満球団に引き抜かれ、苦しい経営状態ゆえの少ない予算では補強も思い通りにならない。そこで彼が打ち出したチーム再建策とは、従来とは違う観点から選手を評価し直し、他球団では評価されていない有望選手(低年俸)で補強するというものだった。当然このやり方にはスカウトや監督は猛反発…
 感想。野球の試合シーンがかなり本格的。これって、TV中継とかの記録映像じゃないないよね、でもほんとの試合っぽいけど……いや、映画としてはそんなことあたりまえか。ブラピは選手役じゃないから試合はしない、ブラピファンはつまらないかもしれないけど(^_^;) でも球場のロケや試合シーンは臨場感があって、わくわくするものがある。
 野球知らないとあまり意味がわからないかもしれないけど、チームの勝ち負けを選手目線ではなく、運営目線で描いた作品。ミーティングや議論のシーンとか、これは面白い……と思ったら実話なのだそうだ。原作に相当する本があり、もちろん登場人物も映画向きアレンジされているが存在するのだそうだ。

 運営資金がある球団が、強くて人気のある選手をかきあつめて、強いチームとなり、優勝する。というのは多分野球を知らなくてもわかる理屈だろう。多分プロ球団がある業界では、似たような事例があるに違いない。強豪選手を招聘する金はない、残った選手はいまいち、来年の試合はどうする? 放っておけばいいじゃん(^_^;)というわけにはいかないのは、何もしなかったらそんなやる気のない球団はファンが見放します。選手よりも先にGMの首がとぶんじゃないですかね(^_^;) プロ野球は興行なんですから。
 野球は球技の中では、選手の評価を数値化しやすい競技のようです。例えば、日本のプロ野球でも公式記録というのがあるじゃないですか。公式戦に何試合出場して、何打数何安打、出塁数、守備機会いくつとか。そういった記録から、どういう状況でどのくらい活躍する選手なのか、かなり細かい数値で割り出して評価できるようなんです。我々見てるだけのファンにとっては、出場試合数、打数と打率、本塁打数、もちょっとよくばって出塁率、被四死球、長打率や得点圏打率くらいでもうおなかいっぱいになるけど、球団が選手を査定する数字はもっと細かいらしいですよ。
 アスレチックスのGMは、選手を評価するその数値から、勝ち試合に貢献する数値の読み直しをして、チーム構成を試みる。当然他球団が評価していない部分については、そんな選手は年俸も低い。そうした「難あり」選手を集めて、チーム再建を考える。スカウトや監督はこの方針に反発する。そんな選手じゃ勝てない、と。
 「難あり」選手にスカウトをかけるところは、ちょっとうるっとしたなあ。故障などで契約が不利どころか、首になりかけの選手にとって、うちでもう一花咲かせような誘いは嬉しいだろう。
 だけど話はそう簡単じゃなくて、移籍してきた「難あり」選手がすんなり機能したわけではない。映画の中ではスカウトがやめ、監督とももめる。結果が出るのに後半戦まで待たなければならない。
 映画はブラピGM視点で、選手としての挫折の過去、スカウトに転身してGMになり……家庭人としては離婚した奥さんや年頃になった娘など、いろいろ複雑な半生も描かれている。GM視線なのであまり踏み込んではいないけど、シーズン途中で首になる選手、球団の都合で突然トレードを通告される選手、などなどの球団経営の風景もある。プロ野球はシビアなビジネスなのだ。

 日本では、こういう野球の映画はなかなかないかも。あと何十年後かにノムさんの「勝者の資格」か「野村ノート」が映画になればいいかしらね。アニメかマンガでもいいわ。私はそれまで生きていられるかしら。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1644-e4efdc1a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡