ヨルムンガンド perfect order

2012年放送「ヨルムンガンド perfec torder」
http://www.jormungand.tv/index.html
春に放送していた「ヨルムンガンド」の続きです。

1210120.jpg
アール(cv小西克幸)
(10.26)
#15
 ごめん。ちょっとまだ動揺していて、放送は生で見てるんだけど、録画見直す心の準備ができない。感想文はもうちょっと後で書きます。すいません。

(↓これ以前の放送回についてはこちら)



(10.17)
#14
 先週にひきつづきアールのお話。
 今週はアールのイタリア軍?時代の回想シーンでCIAの仕事をすることになった経緯、それと現在進行形でCIAの動き。ところどころCIAのおっさん(つまりアールの上司にあたる人物)の回想シーンやヘ…へ…ヘックスという女戦闘員の回想シーンなんかも挟みながら、それぞれの人物の過去のいきさつと現在のつながりが示される。
 いろんな細かいシーンをモザイクのようにからめてくるのは、これは原作通りなのかな? 一見ばらばらのようで、実はつながっている。誰がどこまで知っていて、どこがブラインドになっているか、面白い描かれ方だと思う。
 主にアールの心の声でお話が語られて、そして脇情報をフォローするブックマン視点の語りもある。アールが赴任する以前の出来事はココが見た夢として視聴者に示されるけれど、ココ視点ではお話は語られない。だからココがCIAの話題を出したとき、彼女が何をどこまで知っているのかは画面からはわからないし、アールも実は組織内の同業者のことはよくわかってない。ヘックスとの対立は決定的なものに…。
 来週につづく。このアール回は何話くらい続くのかなあ。

(10.13)
#13
 前の最後の放送回、アールがどこぞの協会でCIAの男と落ち合ったところで終ったんだっけ。前の続きなので、登場人物の紹介は改めてはないが、立ち位置を整理と、何がどこまで進行しているのかの紹介回。
 私は原作を全く知らないので、この作品の世界観とか組織の設定とか、もちろん登場人物の名前も顔もすべてアニメで初めて見るものとして視聴している。
(カレン……誰だっけ??(^_^;))
 そこで前回のシーンのカットインで、ああ女戦闘員だっけと思い出す。眼帯している方がバルメ。してない方がカレン。髪の色が茶色のが博士。金髪で長いのが……名前忘れたけどCIAの子。←これのの色違いが新キャラのええと…ヘ…へ…
(私はパンダくん並の記憶力(^_^;))
 ロケットの打上げシーンがあり、これが何か重要な事項らしい。博士とココのひそひそ話。衛星兵器か何かかしらね。
 シーンが時系列に並んでなかったので話が整理しにくいのだが、この回でアールがCIAから派遣されている潜入工作員なのだとわかる。客観的な描写とかじゃなくて、はっきりと物語にアール視点が出てくるのだ。アールが今までいるのかいないのかよくわからない隊員だった理由はこれなのね。お話のメインに持ってこられない人物だったわけだ。なんかBGMが大きくて聞き取りににくかったけど、元々ココ舞台にいたのがCIAに通じたのではなくて、前に誰か死んでそれの後釜募集?にCIAから送り込まれたのがアール。彼の軍歴は嘘ではないようだけど。
 しかしCIAのおじさんの話によると、彼は殺し屋を派遣したことはないという。ことの真相は、実はCIA内の不穏分子?の女?へ…へ…(^_^;) だいたい団体に所属しているのに規律を守らないのは女。バルメとか。女は集団行動には向かないのかも。そこは私も否定しないわ。

 オープニングにアールが大きく登場しているシーンがある。こんな顔だったんだ…
 ヨルムンガンドの世界では二枚目くんらしい。でも絵柄的には私はどれも見分けられないから、特に強調することでもないような気が…。でも絵柄は地味ですが、そこは小西さんの特徴ある声が印象的で、シリアスシーンでは超二枚目ボイスです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1563-dee47e92
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡