バトルシップ

バトルシップ Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)バトルシップ Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
(2012/09/05)
テイラー・キッチュ、浅野忠信 他

商品詳細を見る


 レンタルももう出てると思うんですが、私はBDで買ってしまいました。映画館に2度も見に行って、円盤も買っちゃうなんて(^_^;) しかもうちに届いて、もう2回も見てしまいました(^_^;)
 一言でいうと、絵見てるだけで変な脳汁がぶしゅうううと出てしまうような、難しいこと考えないで機持ち良くなる映画です。ポスターやジャケ絵では全然わからないですが、海軍ものです。

 端的に言って、このジャケ絵とか公開当時のポスターとか、地味過ぎると思います。なんかこれではまるで、主人公がガッチャマンよろしくギャラクターのメカ鉄獣に単独潜入して戦うみたいな映画想像しちゃうじゃないですか。せめて…(↓以下ネタバレ含むので)



せめて、駆逐艦がミサイルかっとばしてるような絵を使うべきだったんじゃないだろうか。
 はっきりいって海軍の映画なんですよ。
 撮影に海軍が協力していることは、もしかしたら広く伝えられていることなのかもしれないけど、でもでも浅野忠信がこんなに出番あるとは公開されるまでファンも知らなかったみたいし、元々監督さんとかの熱心なファン以外、事前にいちいち情報集めたりしないものじゃない? がんばっても予告編、もっと適当な人はポスターとかスチルで見るかどうか決めちゃうんじゃないだろうか。私も正直いって、ネットで見かけた時ただのエイリアンものだと思っていたので、まったく興味をひかれなかったです。ただ浅野忠信が出てるというので、え〜浅野っち偉くなったなあ、じゃあ見に行くか、どんなつまらん役でもいいから……という、ちょっとした義務感?だった。
 そしたら、この渋いポスターとは裏腹にめちゃくちゃ派手な映画で、え〜?(^_^;) この落差は面白いんですが。でもでも人間てやっぱりまったく未知のものを見たいと思うほど暇じゃないから、もっと火を吹いている絵で釣った方がよかったような気もするわ。

 楽しく見られるいい映画だと思います。
 駆逐艦3つも沈んでたくさん死んでるわりには悲壮感なくて、そういう意味では軍隊ものの映画というのはやっぱり違うと思う。でも本物の軍艦や軍人さんも出てきて、かっこよさはやっぱり本物で、そこはCGでしか飛べない宇宙戦艦ヤマトにはどうしてもない臨場感だ。日本の護衛艦「みょうこう」は実は「あたご」なんだそうですが、そういうの私はわかんないですが、海上自衛隊の晴れがましい姿が見られます。
 物語の1人である、両足を失ってリハビリしている退役軍人の役は、あれは本物の元軍人なのだそうですね。最後に勲章つけた軍服姿は本当にかっこよかった。
 見所はもちろん
「エイリアンのメカ怪獣vs駆逐艦JPJ」
「エイリアンの海上要塞vs戦艦ミズーリ」
これの目の覚めるような派手な撃ち合い。がんがん火を吹いて痺れます。
 もちろんおうち映画観賞だと、画面もスピーカーも小さいので映画館の感動にはちょっと落ちるのは仕方ないです。でもでも、うちは46型液晶TV&左右に小さいスピーカー設置してるだけですが、けっこうこれで楽しめます。
 吹替じゃなくて字幕の方がいいかな。浅野忠信さんは英語でセリフ言ってるんで。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1537-c9ee661b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡