バードスクランブル
正岡

おたくな奥様快楽通信

アーメン・ノワール(ポータブル)

2012年08月05日
↑小西克幸/ゲーム 0
ARMEN NOIR portable(アーメン・ノワールポータブル) (通常版)ARMEN NOIR portable(アーメン・ノワールポータブル) (通常版)
(2012/04/12)
Sony PSP

商品詳細を見る


 すっかり積みゲーがたまってしまいましたが、これからどんどん進めます。今月はこれ。
 2010年12月発売PS2「アーメン・ノワール」のPSP移植版です。ちょうど乙女ゲームがPS2からPSPに移行していく時期の発売で、このゲームはPS2版しか出ませんでした。このほどPSPで再リリース。公式情報によると、イベントやシナリオが補完されているらしいです。
 「アーメン・ノワール」はお話ゲーです。途中の選択肢で男キャラクターの好感度ポイントが蓄積されて、誰か一人を選択することになると、基本的に他はばっさり捨てて行く流れになります。
 前に買ったとき、私は小西ソードルートしかやってないです(^_^;) エンディングも複数あったのかも覚えていません。当時のブログを見ると何も記録していないので、一周してそのまま放置だったような気もする(^_^;) そもそもどんな結末だったかもう覚えてない。

 というわけで、やりなおしアーメン・ノワール。
 昨日から始めて、ソードルートに入ったところです。
<このゲームの特徴とか第一印象とか>
・フルボイスドラマ。小西ソードは、シリアスな草灯さんとか高野さんとかああいう路線の超二枚目ボイス。これをえんえんと聞いてるだけで耳福。基本的に乙女ゲーというものは、好き声優が攻略キャラにいるなら絶対買いです(^_^;)
・システムボイスって、前のPS2版にはあったっけ。好きなキャラボイスを選べます。また画面キャプチャ機能もあるので、お気に入りシーンを残すことも可能だ。
・PS2版いっぺんしかやってないけど、やっぱりセリフとかイベントは増えてる気がする。どこがどう違うとは明確には説明できないけど。
・舞台は近未来。殺したり殺されたりの設定のドラマなので、ハードな世界観。すごいがちがちで緻密なSFとかいう感じじゃないので、設定はあまり難しく考えなくてもいいと思います。
<結論>
 コニタンの超クールな二枚目ボイスに飢えている人は買い。

 つづく。
 あたしは「エーデルブルーメ」の完全版をいつまでもいつまでも待っているよ……

気に入ったらシェア!

正岡
この記事を書いた人: 正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。蒼井翔太
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

コメント0件

コメントはまだありません