禁断の百年王国―少女人形論

禁断の百年王国―少女人形論禁断の百年王国―少女人形論
(1995/07)
増淵 宗一

商品詳細を見る


 感想文。
 内容は、明治以降今日までの日本の、人形と少女文化について。
 「少女」「少女文化」という概念はどこから始まったのか。女の子が遊ぶための人形を考察することで、それぞれの時代や社会が見えてくる。
 少女人形論、論とつく本なので、しっかりと論文の体裁をしている。少し固い本だけど、でも面白いです。
 リカちゃん登場以前の、少女文化と女の子向け人形の歴史的な流れも興味深い。女の子の人形遊びが教科書にも登場し、良妻賢母教育の一端を担っていたという指摘はなるほどと思う。
 リカちゃん以降については、やはりお友達や家族構成でジェニーやバービーとの比較が面白い。お国柄、あるいはそのドールを手に取る女の子の年齢などで、いろいろと差が出てくるもので、それがドールに人物背景設定に影響している。リカちゃんで一番大きな変化はパパの登場だろうか。パパの人形は今でも健在なのは、これも世間様の価値観の反映ということなのだ。
 
 90年代に発行されたものなので、実はあれからリカジェニをとりまく環境はいろいろ変化していっている。この本の続きが書かれることはあるのだろうか。
 

 リカちゃん以降については、↓こちらの本の方がくわしい。文体もジャーナリスティックで、読みやすいです。リカちゃんで遊んだ元少女のコメントなども収録してて、共感すること請け合いです。
リカちゃんの少女フシギ学リカちゃんの少女フシギ学
(1987/07)
増淵 宗一

商品詳細を見る

  私のは何度も読み返してぼろぼろになって、紙も茶色くなってしまってるので、再版してくれないですかねえ。後書きにちょっと加筆するくらいでいいのに。
 だいたい図書館にあると思いますので、見かけたらぜひ。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://birdscramble.blog116.fc2.com/tb.php/1512-8b252a46
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

カテゴリー

プロフィール

正岡

Author:正岡
■生涯一腐女子。腐女子の本懐を極める。追っかけ中→小西克幸。市川猿之助。松田龍平。
■リンク、コメント、トラバ、ご自由にどうぞ。相互リンク歓迎。拍手コメントは全非公開&レス無し。お返事して差し支えない内容はコメント欄へ。
■ツイッターへのフォローやメッセージなどもご自由に。http://twitter.com/MasaokaYaoi

おともだちリンク

ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright © 正岡